必要な貯金は生活費の半年分と言われてる

これって緊急資金のこと

なにかあって失業があったときに半年分の貯金があれば
再就職や病気の療養などでもなんとかできるお金のこと

1年ニートとかなら無理ですが
半年あればまず安心といった感じでしょうか
就職難であってもバイトしながら就職先を探せば1年持つかもしれない。

普通に働いてても、友人に冠婚葬祭があったり
実家に帰省とかに使ったり

というお金

最近よく聞く老後資金2000万円はまた別って話
退職して年金もらって90歳くらいまで生きてたら2000万円を取り崩して生きてください。
みたいなお金らしいのでそのお金は別腹

まぁ、なんとなく貯金で半年分貯めて
結婚やイベントにお金を貯めて
家族が出来てなどなど考えたら意外と貯金は大変だなと思う。

がしない選択はあまりよくない。

私は30代まで貯金0円
入ったら使うそんな体たらく

今は、少ないながら先取貯金が出来て
半年分は何とか
趣味のバイクのツーリングもできてたりする。
まぁ、今でも独身だから貯金が出来てるってことですけど
結婚して子供出来てたら共働きでだと、趣味でバイクは出来なかっただろうと思う。

20代は貯金も出来にくいでしょうけど
少しでもあればこれが心身ともにいい精神安定剤になる。

投資はそのあと
投資で一発当てるよりとりあえず好きなことを好きなタイミングでできる余裕ができる貯金は大事
銭ゲバみたいですけど本当にそう思う。

お金なくとも何とかなる

は本当ですが、ちゃんと働いてて生活がしっかりしてるのが基本ですから

ある程度余裕がないと何もできないし
新しいこともできない

バイクなんて趣味なのに
税金
保険
維持するのに毎年一定のお金がかかる
乗ればさらにかかる

なんでもそうですが、バイク車などは税金が趣味にかかるんでね。
より貯金が最低限ないと不安になる。

若い時は貯金少なくていいが

結婚したい
車買い換えたい
転職したい

なんにつけても
時間
お金
は最低限は必要

私は、お金の心配して婚期逃がしたり
古い車から乗り換えを躊躇したり
何か新しいことするにも最低限のお金がなくてあきらめたことが多々ある。

週末意味のない飲み会に参加しない
とか
毎月少しだけ先取貯金する
とか
身の丈に合わないことをしない
とか
小さな節約すると、後々
趣味でお金が使えたり
結婚もお互いのタイミングだけ会えば結婚出来たり
車も修理費がかさむ前に買い替えが出来たり
お金の心配がなくなるのは確か
貯金と一定の収入ないとローンも下りないしね。

それが出来てさらにお金が増えていくなら投資したらいいと思ってる。

私は、マネーゲームはあまり好きではないので
投資は生活が安定してその先にあるものだと思ってる。

不労所得は魅力だけど
日々の生活困窮してまですることでもないと思ってるので
そんな考えです。

いらないもの売って小さく生活して
好きなものには好きなタイミングでストレスなく使う

それって必要にして十分しあわせだと思う。

仕事が好きで
家族が趣味

そんな人ならもっと良かったなと思う。

今まで貯金していなかった自分
少し前から貯金出来始めた自分

今考えれば悪くない。

すべてではないけど、人に迷惑かけずに趣味も出来てる。

あれもこれも
まずは半年分の貯金ができたこと
それ以上たまったものである程度の趣味ができること
必要な時ある程度の額使えるようになったこと
これは大きい

冠婚葬祭が月末給料日前にあってもお金かき集めなくてもいい。
それから貯金の大事さを感じましたから
結婚の時期を逃したときすごく後悔しましたから
バイク買うとき貯金がなければローンに追われ数年はつらい時期があったはずですから

そう考えると貯金の習慣があることは悪いことではない。

ビジネスでいうと
余裕があると全体が見えるからおおらかな提案や余裕ができる。

それに尽きると思う。

収入が増えて投資するのはその先のお話
投資は自己投資以外はやってないんでね。
貯金の話でした。