同じような事前も言った気がするけど
2022年10月未明
コンビニで事件が
通常税抜き125円だったコカ・コーラ500mlが
ある日を境に税抜き150円になってた。

自販機より高くなってる。
税込み165円

サンドイッチも弁当もチョイ値上げ
ドラッグストアではビールが1ケース400円程度上がってる。

コンビニで
コーラ
弁当
タバコ×2
のど飴

うわっ高い!
ってなった。

こうなると
お給料上がっても生活レベルは上げるべきではない。
物価が何気に上がってるので逆に下げないといけないレベル。

禁煙をする
が一番いいのですが
最近は喫煙者少ないですからね。

それ以外だと
収入が上がらなければ、買い物を1割ぐらい減らす感じがいいと思う。

月6万円使ってたら5万5千円くらいに落とす感覚
それで6万円くらいの感じになると思う。

全体的には
少々収入が上がっても生活レベルは上げないほうがいい。
居酒屋行くのもコロナで行かなくなったじゃない。
最近は戻りつつあるけど貯金が少なければある程度貯まるまでは
贅沢なことは頻繁にするのはいかがなものかと・・・
居酒屋は1回5000円くらいかかるからね。

誘われても必要じゃなければ、ランチで話してもいいし
自発的に誘う時も話す内容が濃くなければそんな場に行くのは控えて
ちょっと備えたほうがいいのかなと思う。

お給料上がっても、月の支出は変えないで
貯金額を上げる。

使うべき時や遊ぶときにしっかり使う。

今からは、そっちにシフトしたほうがいいと思う。
普段はストレス少ない生活して
休日はのんびり散歩なんかしてね。
月に一回おいしいもの食べて小さな幸せを得たりして貯金額が増えたら最高じゃない。

貯める貯金と
タイミングで使う貯金と分けてれば
貯蓄用は貯め続け
タイミングで使う貯金は、旅行とか冠婚葬祭とかに当てる。

物価が上がれば、旅行代金も上がるからね。
普段の生活は大きく変えなくていいと思う。

収入が増えても生活は普通に

それが一番メンタルにもいいし普段の生活にたまにエッセンスを加える程度に
旅行とか遊びに費やしたらいいと思う。

昇給して月1万円余分に貯金出来たら
年に12万円
貯金が十分なら、12万円の急な出費で焦ることも無くなるし
たまに使う旅行でちょっと高くても怖じなくても済む。

普段は質素って意外といいことだなと思う。
ストレスがたまらない範囲ってのが大事ですけどね。

お給料上がっても生活レベルを上げないのは物価高や円安に対抗するには大事な事かも
と思う。