伊藤かずえさんのシーマ
レストア終わりました。
ニッサンとかメーカーの本気はすごいよね。


我々おじさん世代は、シーマって
社長さん
ちょっとやんちゃな人が乗ってたイメージ

シーマ現象ってやつ
セルシオが出てトヨタと日産がしのぎを削ってた時のVIPカー

いいなと思う。
若かりし頃のあこがれの車でもあるからね。

が、しかし
あの頃のVIPカーとか高級車は
一般道 4キロ/リットル
高速道路 10キロオーバー
とかがスタンダード

今のカムリとかは、一般道10キロ以上
20キロ/リットルとか走るしね。

レガシーとかでも
一般道 7キロ
高速 15キロ
とか走るのでそう考えると程度の良いネオクラシックとはいえ
早々維持できるかと言えば、結構きついと思う。

プリウスから借りに乗り換えたら、ガソリン代3倍とか4倍ってあり得るからね。

昔あこがれた車やバイク
修理もさることながら
時代背景的に、ハイオク指定で
快適であふれるパワーをガソリン消費しても性能を出してた時代

内装も外装もエンジンもあの当時の技術をふんだんに入れてた時代

今のように燃費重視ではなかったんですよね。
今は、ネオクラシックな車は部品欠品も増えて
さらに燃費は悪い

維持するのが大変な車になってるのは確かです。

それを気にしないくらい好き
とか
憧れた車を一度は手にしたい
とか
今の車より昔の車にとんでもなく魅力を感じる。
でないと維持費でストレスたまるかもしれない。

私のドカティモンスターS2R(800)
も2005年なのでご多分に漏れず中古車からクラシックに片足ツッコんでるんですけど
幸い部品も出るし
今のところ大きなトラブルもなく
燃費もおとなしく走れば25キロ/リットル(ハイオク)
ちょっと街中とかで20キロ前後

今の車に比べると悪くない。

ABSもトラクションコントロールもないオールドバイクですが
乗ってて不満もないし
見た目も気に入ってる。

買ってすぐトラブルが続いたら嫌になってたかもしれないけどね。
今考えるといい買い物したなと

軽いし
見た目もおじさんにはいいし
敷いて不満を言うと
荷物が乗らないってだけ

ドカティのモンスターに積載を求めてはいけないんですけどね。
(見た目がネイキッドなだけで考え方はスポーツだからw)
DSC_0056

昔あこがれたネオクラシックの車
今の車に慣れてしまっていたら、燃費も悪いし
修理箇所も増える

改めて買うのは、情熱と勇気が必要かなと思う。

私的には、13年落ちくらいがちょうどかなと思う。
いまでいうと2007年くらいの車やバイク

古くはないけど新しくはない
壊れないけど今どきでない

それくらいが気軽に買えてちょうどいいのかなと思う。
本当に欲しければ、多少高かろうが
修理費がかかろうが買うでしょうけどね。

ちょっと乗ってみたいと思うなら、13年落ちくらいが手を出しやすいかな
と思う。

古いバイクや車に手を出す人は
好きで買うので、便利とか壊れないって2の次なんですよね。

なんとかしてやる

とかなんですよね。

そう言いながらも私もRZ250Rを探していた時期がありました。
部品の欠品
中古相場の爆上がり
で諦めたんですよね。

そこまでできなかったってだけなんですけどね。
新車40万円のバイクが、程度の良い中古で70万円とか無理でした。

ネオクラシック・・・1990年ごろの車やバイクに手を出す人は
維持費
修理費
ガソリン代
を乗り越えてストレスフリーで乗り越えて買ってほしいと思います。

乗り越えた先は楽しいんだろうな。
と思います。