知り合いが乗っている
プジョー106を運転させてもらいました。




簡単にいうと
サーキット走行会で遊びたい仕様
MT
足回りはちょっとしている感じ
ホイールも交換してる。
内部は
セミバケットシート
ディープコーンのハンドル
シフトノブ

というチョイ走り屋的な車

国産モデルでいうと、
デミオ
FIT

MT
って感じ

左ハンドルの車を乗れるのか?
という疑問を晴らすべくちょっと借用しました。

広い駐車場から、集合場所まで
時間で言うと5分くらい

小さい車
空いている田舎の幹線道路

というシチュエーションで試すには好条件
ということで乗ってみた。

まず、プジョー106は足元が狭い
ブレーキと思っていたところはクラッチ
ブレーキペダルは小さい

ということ
初めから大間違いでした。
タイヤハウスがあるおかげでそのレイアウトなのか
イタリア人が―ドそのポジションが標準なのかわかりません。
とにかくアクセルとブレーキ確認して
クラッチでポジション合わせて出発

1速に入れてスタート
これは普通
シフトが右ってのは、あまり違和感なし
イメージは、F3とか見てたのでイメトレ済み
意外と普通
しいて言うなら思ったより遠いくらい。

2速 普通に入る。

駐車場から出るも問題なし
交差点も1速に落としてちょっと開けると吸い付くみたいな車
低い車って面白い。

で、車線の間隔ですが
先導車があると思ったより気にならない。
とはいえ、ちょっと右に寄る感じです。

交差点も気にはならなかった。
乗るだけなら問題なさそうです。

車庫入れ
狭い道
は少々練習しないといけないでしょうけど
それは、軽自動車から普通車に乗り換えても一緒だしね。

意外と

普段車に乗ってたら、左ハンドルは楽勝

問題は、ウインカー
とりあえず、ワイパーが動く
焦ってワイパーが速くなる。
ウインカー切る

ワイパーオフ
という感じ

右ハンドルと左ハンドル
結論から言うと、車乗り慣れている40代まではとりあえずすぐ乗れる。
という経験則から思った。

プジョー106という小柄な車だったのもあったのですが
BMW3シリーズくらいなら、右でも左でもいいかなと思える。
(運転する人だけですが)

ETC
駐車場のチケット
維持費が少し高い

ありますが
左ハンドルだから乗れないってことはない。

40歳を過ぎると新しいことに臆病になりがちですが
意外となんとかなるもんです。
今回乗ってて思ったもんね。

左ハンドルでも大丈夫

話は逸れますが
今回乗ったプジョー106(5MT)
少ししか走っていませんが、国産と変わらない乗りやすさでした。

外車乗りたいけどと足踏みしている人
左ハンドルで選択肢を狭めるのはもったいないと思います。

外車のハードルは
維持費
メンテしていくれる工場
などあるかとか
国産にはないハードルがあるけど
左ハンドルや操作感の違いはすぐ慣れると思います。