私のように、散財したらダメだけど
バイクライフは後々役に立つ

スムーズに乗れる人は、あらたなビギナーライダーの道しるべになればいいし
いろんなところツーリングに行く人は、誰よりも道を知ってる。

社会人になった時役に立つ時が来る。

教えるのがうまかったり
いいロケーションの場所を知っていたり
打ち合わせの枕詞で、相手先の場所について知ってると親近感がわいたり

30代になればいろいろつながります。

伴侶になる女性がバイク自体否定はもいるかもしれない。
それは、選んでもらったので仕方がない。
大きなバイクは乗らない選択もあるかもしれない。

家庭壊してまで乗ってもね。

代わりに、自転車やジョギングしてもいいし
買い物通勤用に、セカンドカーの代わりにクロスカブとかなら許してくれるなら
クロスカブとかシグナスとか、
通勤お買い物に適したバイクに乗ったらいい。

買い物快適で経済的

セカンドカーに軽自動車よりいいと思う。

お金をかけたり
大型車ばかり乗るのが偉いわけではない。

若いころに大きなバイクを乗ってる人達は
小排気量の良さってのもわかるしね。

大きなバイクの大トルクに魅了されてるなら仕方がない。
排気量マウント取る人にはわからない。
かもしれないけどね。

どんな経験でもそうですが、楽しくはまったものは後々役に立つ
勉強しないといけない高校生の時期に
県予選2回戦までの野球部でも一所懸命やってレギュラー取ってた人は
何もしていない人よりポリシーもあるしね。

バイクが好きで
いろんなことをしていく中で隣にバイクがいた私のような人でも
なにか役に立つことはある。

車での遠距離の移動が苦にならなかったり
いい休憩場所しってたり
同じバイク好きに出会うと話が盛り上がっていい関係になったり

色々あります。

人生に役に立たないことはない。
ただ
やりすぎると社会人として偏るのは確かなんですけどね。
それはそれ

野球バカで平日休む人と一緒です。

趣味は、趣味や生活するためのに必要な収入が伴う仕事を圧迫させてはいけない。
家族を不幸にしてはいけない。

それはあると思う。



ある一定の時期ハマることは悪くない。
私もいろんな後悔もあるけど
ほかの人にできない経験もしたし
色々身にはなった。

目指すものがなくなった時はきつかったけど
目標が見つかった時、バイクに乗るための努力を置き換えたら
意外と共通点が多かったりしたしね。

好きなことをするのは悪いことではない。
むしろいいこと

周りの人に嫌がられるほど迷惑さえかけなければ好きなものや趣味は必要。