仕事で嫌なことは最低限する。

プライベートではしない。

興味のないことは手を出さない。
好きな時好きなものをする。

それだけ

掃除とか嫌いだけど
やり終えたら気持ちがいいじゃない。

だからやる。
ゴミ捨てと掃除は、終われば気持ちがいいので・・・

遊びに関しては、昨年までは我慢してたけど
今年はやらない。

球技苦手なのに練習もせず笑いものになることもしたけど
もうしない。
今から必死に練習しても笑われるだけだしね。
おじさんは新たに何か始めることって子供の数十倍大変なんだ。

まぁ、そんなことです。

やらんとうまくならないけど
おじさんがさ
橋の下でさ
一人で壁打ちしているのっておかしいよね。
少年がさ、負けたくなくて黙々と練習しているのは暖かくみられる。
おじさんなら冷遇ですよ。
だから、お金払ってスクール行ったりジムに行ったりするわけですよ。

バイクってね。
街乗り車両で練習するのって若いころからアングラで
人気のないところで練習してたんで余計です。
サーキット行くまでに膝擦る練習って港の敷地内(道路ではない)
ただ広いアスファルト
違法だけど山の中だったりしたんです。

それに慣れちゃってるんでね。
特にそう思うところです。

そんな経緯で、好きなことも興味があることもお金がかかる世代になってきた。

で、そんな不自由な中で好きな事以外をするかって言われたら
体験はする。
嫌ならやらない。
仕事なら、最低限の結果しかしない。
いいように使われるだけだから
そんなもんです。



なぜなら、時間もお金もかかるから

夢中になる時間は少ない。
好きなことに時間を割いた方がいい。

そう考えると嫌なことは今まで散々経験してきたし
今からもそれなりにあるだろう。

自分から率先して嫌なことやる必要もなくなった。
逆上がり
100m走
水泳

無理にする必要はない。
嫌ならしなければいい。

興味があれば、やってみて
あ、違うな
と思ったら切り捨てたらいい。

そう思う。

やらねばならん事があればそれを早くしたほうが楽だもんね。
私は、連中があればツーリングや旅行に行きたい。

そのために時間作ってる。

作った時間を有効に使うんなら、嫌なことはしない。
ダラダラ嫌なことはしないと決めたほうが楽

仕事で嫌な事が回ってくる人いるじゃない。
がまん強くて
おとなしい人

どこかでものすごく嫌になる前に断れる体制を作るのも大事

嫌な事やりきって、言われた人にもっていっても自分の手柄にならんからね。
評価してくれなければただのお人よし

それなりでいいんですよ。
嫌な事ってテンション上がらんしね。

おじさんにはできないことが増え続けるので
やらない選択は必要になってくるんです。