景気は下がり気味ですが
物価は上がっまる。

消費税も10%
会社員は、何気に保険料や税金も上がってる。

日銀は経済成長2%を目標にややインフレを目指す。
とのこと
お給料の手取りが2%上がらないと貧乏になってますけど・・・
て予言されてるww


給料上がってるか?
と聞かれると
手取り据え置き

ということは
貧乏はそのまま

増えてる人はそれでいいけど・・・

で、我々収入が据え置きの人はどうしようって話
バイクを趣味にしている私は倹約していかないといけない。

2%経済の足を引っ張っても生活レベルを収入より下げる。
今まで、毎月10万円使ってる人は
9万8千円(2000円は貯金)
でおおよそ2%節約できる。
貯金額も経済成長についていける。

例えば、禁煙・禁酒
毎日 230円のビールをご褒美にしている人は
日曜だけ抜くと1000円ほど節約
土日抜いたら2000円節約
やめたら、6900円ほど節約できる。

高校生のようにコーラに変えたら3450円程度節約

ま、お付き合いもあるのでね。
おつきあいが収入の一環やストレス発散なら必要ですが
それでなければちょっと考えたらいいなと思う。

禁煙は特に効く 令和でタバコ吸うのは大変ですからね。
出来ればやめたほうがいい。

1箱500円
1日2箱なら、月3万円
1日1箱なら、月15,000円

やめたら、全額貯金できる。

変な話、高校生の生活になれば生活レベルは下がって最高です。
お弁当とか
飲み物水筒に入れるとか
そんな感じ

高校生の時ってお金ないじゃない。
親元に住んでるのでそれは置いといて

大人になってかかるランニングコスト
家賃
貯金
家族の生活費
を引くと高校生と同じような生活ってありだと思う。

私は、バイクが趣味
年間数万円かかる。
税金保険で、年間4万円
車検で2年ごと 5万円

年間5万円貯めとかないといけない。
月5千円くらい貯めてそして、
ガソリン代
オイル代
消耗品代
などは自分の生活費から出さないといけない。

そう考えると、普段のお金って適当に使うってより
ちょっと生活レベル落としてるほうがいい。

一人ランチなら、お弁当とか安いランチ
とかでちょっとチープには苦にならないかなと思う。

苦になってたら続かないから
禁酒が出来なければ、休肝日をちょっと増やす。

小銭貯金のようにコツコツ節約する。
それですかね。

貯金が貯まれば、経済成長が2%あっても
貯金額でアジャストできると思う。

生活レベルを下げるわけではない。
生活レベルを元に戻す。

大学生から高校生
高校生から中学生

それくらい下げてもいいかなと思う。
私は、コロナ渦でお金使わない日々が増えた。
使う時はガツンと使いますけど・・・

美味しく楽しく有益なら、今は日頃の貯金をちょっと使うだけで出来る。
湯水のようにお金が入る状況がないなら
節約するほうがいい。

基準は、毎月
収入>支出
で、資本が増える。
収入>支出+貯金
で安心して遊ぶことが出来る。

私はそこを目指してます。

デビットカードのポイント活用もそれの一環
1%ポイント還元で身の回りの物をそろえている。
消耗品
ちょっとした小物

ミニマムなのですが、必要なものはアップデートできてる感じ
それって最高です。

お金減らずに必要なものが貯まっていくからね。
年間100万円の消費に対して1%のご褒美
1万円の小遣いってやつです。

私の場合、オイルや仕事のバックとかに消費していく
ドカティのオイルは、1リットル3000円程度
1万円あれば、1回分は何となくただで買ってる感じになる。

実際はそんなにポイント貯まんないけどね。
節約が癖になれば、月8万円キャッシュレスで使うのって難しくなるしね。
お酒もたばこもやらなければ、生活費は4万円くらいまで絞れると思う。

毎日1000円ちょっと使える。
一人暮らしなら
500円ランチ
自炊夕飯
位になるから最終目的だと思うけど
今、月6万円くらい使ってるなら、5万円は目指せるかもしれない。
っていう感じでお金を節約すると
毎月1万円収入が増えるのと置換できる。

それって20代ならありだと思うし
40代
50代
も普段のルーティーンなら出来ると思う。

私は、外食を減らしたし
夜遊ぶようなことはほぼなくなった。

これは、メンタルやられてから思ったこと
懇親会とかで薄くつながっててもあまり身にならない。
夜お金使うことがなくなっても日頃の生活ってそんなに変わらない。

お金貯めるって意外と目線変えたら出来るもんだな
っと思った。

バイクたのしく
生活たのしく
すべて断らない
なんてすると

メンタル壊れるし
お金は散在する。
お金が無くなれば、メンタルと生活が崩壊する。

収入に見合った生活レベルを下げた結果
必要なものだけ手元に残る。
これって大事なことだと思う。

生活レベル

趣味
を背伸びしないっていうのが第一

収入が少なくてもそれなりに幸せに過ごせるようになると思う。