今日発表の100万円レーサー
結構街乗りにはニーズあると思うんですよね。

R1 200万円と高額
1速 100キロらくらく出るバイク

R7は、ドカティモンスター800みたいなスペックなので
街乗り6速も使えないこともない。
たぶん4速くらいまでが快適
高速は6速で何も不満がない加速をしそうです。

ツインエンジンは、トルクも下からくるだろうし
スポーツミドルエンジンで
レーサーポジション

面白いでしょうね。

サーキットの走行会でも
恐らく最高速200キロ~220キロくらいだと思う。

全開で200キロで走るって経験ないだろうし
SS600は240~260キロと考えると
走行会ではちょうどいいのではないかと思う。

レースでは、そのカデコリーが出来ないと面白くないと思いますけど
(ST600とか出ても面白くないはずです)

ケビンシュワンツも乗って楽しいのは750ccだといってた。
そのころの750ccは70~100馬力くらい。

補助デバイスなしで扱うのにちょうどいいのが750だといってたのを思い出した。
シュワンツのスクールは、ロードは750ccでダートは250ccだった気がする。

十分速くて扱える馬力ってのが
100馬力くらいなんだろうなと思う。

ドカティのS2R800は、スリッパ―クラッチがついてるだけで
ABSもトラクションコントロールもない。

高速で1~3速は全開にすることは出来る。
慣れたらそんなに恐怖ではなくなるんですよね。
70馬力 180キロはそんな感じ

今は補助デバイス(ABSやTRC)があるので
たとえ200馬力あっても昔の750ccより乗りやすいとは思うんですけどね。

素で、軽くて面白いそして怖くないのが100馬力未満の200キロくらいのバイクなんだろうなと思う。

レースレギュレーションに縛られない自由なスポーツバイクって感じ
国内発売は、2021年冬っていう噂

詳しくはヤマハのyoutubeやHPで