ちょっと深夜まで動いていて
知り合いが10万ちょっとと各カード類の財布を忘れたと慌てた。

いった店を回り
色々ひっくり返して
ない

最終的に、翌朝警察言ってカードを止めよう
除塵情報防御は大事ですからメモしてね。

でお金貸してタクシーで帰るようにしようと思ったけど
何だかカバンの中が怪しいので明るいところでひっくり返したらあった。

酔うとそんなもの
お酒は、毒と薬
毒が出たらこんなことになるんですよね。

で何が言いたいかというと
わかりやすい見やすい鞄にするって大事。
酩酊すると判断間違うからね。

お金払って忘れるとか落とすとか
携帯をテーブルに忘れるとかあり勝ち

酔うといいことないよね。

それと、入れてるカバンと財布が同じ色ってのがよくないなと
黒い鞄に黒い財布
黒いスマホ

薄暗いところでは見えにくい。
たくさんカバンに荷物が入るとわかりやすさってのは大事

私も長財布に買い替えて、まず困ったのはズボンのポケットに財布がない違和感
長財布のためカバンに入れるけど
カバンを椅子に置いたままトイレも生きにくい。
とか
手になじんでいないので忘れがち
とか
慣れるまではかなり気を使います。

カバンが黒いから財布は明るい目
これだけで結構変わる。
スマホは白いしカバンの中は結構カラフル。

わかりやすいんですよね。

荷物が多くなると見えやすいってのだ大事
整理するも大事ですが
わかりやすいは私にはもっと大事

他人事ですが、財布を見失う 忘れる。
判断を間違いやすいシチュエーション(お酒に酔うやパニックになる)
の場合は、

わかりやすい
見やすい
置き場所が自然に決まる。(なじむ)

この3つは大事だなと思った。