いじめっ子が火種
周りの子が油

そう考える

ジャイアンが火種
いじっていいと思ったスネ夫が火に油を注ぐ

その図式

わざわざそんな方程式に属す必要はない。
ブラック企業に終身雇用されるようなもの

ささっとほかに移ればいいんです。

今は、手軽に離婚したり
転職したり

大人の世界は自由になりつつある。
一定の評価をもらっていても耐えられない事情があれば
ほかに行く選択もできる。
したたかであればあるほどうまく転職出来るんです。

イジリをした人間がされた人間をうまくフォローしてバランスとるなんてことは
一般人にはなかなかできない。
無責任な油を注ぐ人たちを止めることもできない。

さっさとそんなカーストから逃げ出せるのが今の日本の社会です。

学校もそう
勉強をある程度きっちりして大学のように干渉されない世界に行けばいいんです。

通信制あるしね。
いじられるほうにも責任はある

というけど
いじるほうが悪い。
さらには
無責任にあおる輩が一番たちが悪い。

加害者でもない

一番被害を与えている。

そんな存在。

先週の飲み会でそう思った。
自己承認のために悪いと思うことも正当化する知恵を使う人もいるし
大人ではそれがまかり通るときもある。

距離を取るのに大きくとらないといけないのはそんな理由もある。

反撃しても意味はない。
何もしない
興味を持たない。

自分のやるべきことを粛々とする。

それが一番大事なことです。