夏は空冷バイクにはきつい
油温は上がるし
エンジンは熱いし

とはいえ乗りたいものは乗りたい。
ほぼノーマルなんで壊れないだろうし
何より油温が上がったら適当に木陰で休む(笑)
朝10時に乗り始め2時くらいまで乗ってきた。

ガレージからバイクを出す。
乗る前にすでに暑い。

空気圧調整して
エンジンをかける。
バッテリー充電済なので1発始動
本日絶好調!

暖気して出発

出発1分で油温は50度 夏ですね。

目指すは海 それも近場
DSC_0148

何となく海沿い走りたかったんですよね。
高知県で海といえば太平洋
国道56号線
2桁国道は道も混むのですがまぁいい。

4速60キロくらいで快適に走る。
油温は90度から100度の間
バイクも快適のようです。
信号待ちで110度くらいになるけど
走ってたら100度に戻る。
たまーに120度近くになると適当に休むつもりだが
渋滞にもしないので100度くらいで快適に走れる。
たぶん人間のほうがのぼせる。

一人なんでね
暑ければ休めばいいし
車の流れが悪ければ道を変えてもいい。

夏は一人で気ままが、メンタルにも優しい。

結局行った先は、高知県は幡多郡佐賀
カツオのたたき
カツオ漁獲高日本一の明神水産がある街

漁師町で海もきれいな街

今回はコロナウイルスのおかげで道の駅はスルー
観光客が多いので
地元民は近くのコンビニで休憩です。

わざわざ混んでいるところで買わなくていいし
観光客ファーストでお互い快適に過ごせれば
私は休憩場所はどこでもいい。

トイレ休憩もすいているほうがいいしね。

コンビニ休憩も終わらせたところで寄り道しながらふらふらと
佐賀漁港から鈴方面に行ってみたり
道が細くてUターンしてみたり
山間部に入ってみたり
まぁ勝手気ままにバイクでフラフラと移動

信号待ちでは油温100度を超えますが
すぐ100度以下

ドカティS2R800は優秀です。
1000より油温が上がらないのが夏場は助かる。

燃費も悪くないようでまだ警告灯もつかない。
何より夏場でも太ももが熱くない。

国産2気筒650cc
ドカティの800cc2気筒って夏最高じゃんかと思う。

馬力もソコソコ
4000回転も回ればちょっと馬力ありすぎくらい走る。
高速も6速4000回転では100キロ前後
4速3000rpmで60キロ

ゆっくり走るのに何も不満はない。
2500ccのセダンのような余裕

上を見るときりはないが、何も困らない快適といった感じ

昼も過ぎ
昼食を取ろうと思ったけど混んでるしということで
自動販売機でコーヒーを買い
休憩


DSC_0150
誰もいない小さな高台にある東屋(あずまや)

日陰だし風もある
何より人がいないのでマスク不要
これって今どき最高じゃないか!
たまに都会の映像を見るけど誰一人いないところってスラム化した建物ぐらいでしょう。
田舎は、健全でいい場所であっても意外と人はいない。

これって快適です。
一服という感じの休憩です。

コーヒーを飲みちょっと一息ついて
木陰の隙間から海見ながら休憩

なんとも贅沢ではないですか
平日は、仕事に追われ
パソコンと対峙していると

何も便利なものがなく
いい景色と静かなところってのはすごく快適

バイクでなくてもいいのですが
ゆったりいい景色をいただくを言うのは快適

20代でツーリングで絶景を見た時も感動しましたが
40代で贅沢にもバイクに乗ってフラッとできる環境は
しみじみ贅沢です。


移動距離 70キロ
メーター総距離 26500kmくらい
油温 100度前後
時間 3時間ほど