ハタカラ

高知県の西側で。趣味のバイクなどに乗ってます。 所有バイク ゴリラ Dトラッカー ドカティS2R800 Dトラッカーは抹消中

台風近づいてるのに関西からツーリングに来てる人をコンビニで見かけた。コロナウイルスや感染防止は置いておいてw(高知は寛容なのでww)台風の時よくツーリングするなと四国から関西戻るにも瀬戸大橋 鳴門海峡大橋などおそらく止まってるだろうし帰る手段もないしね。 ...

コロナウイルスが出始めたときとあると人と言い争い私 コロナウイルスで気を付けないといけないよね。相手 風と一緒だから気にしなくていい。私 対応するワクチンとかないしまだわけわからんやん相手 インフルエンザは毎年3000人以上なくなってるんだぜ お前あほか ...

みた?都議選高知県民にはそんなに関心がないんですけどね。ビビったのは、開票結果ではなくって街頭演説。街頭演説を各党が積極的にしてたこと病み上がりの小池都知事国政にいる大臣とかね。客寄せしてるのでお客がいるの議席を取るならコロナなんであまり関係ないんじゃな ...

8月の下旬気分転換もかねてバイクに乗る。行く当てはイマイチ決めてない。・決まってることは観光名所でないこと・人気店でないことそれだけ都市圏では緊急事態宣言出てるし高知県では、蔓延防止措置が出ている。ならば媚びず群れず集まらずでツーリング行こうじゃないかとい ...

バイクでなく車のレース箱車の最高峰スーパーGTGT-RやNSX スープラがしのぎを削ってスプリント+耐久のようなガチレースフォーミュラがいまいち人気がない中スーパーGTは車のレースでは人気のあるカデコリーとはいえ中身は全く違いますけどね。エンジンは指定エンジン(直列 ...

9月2日にファイザー製ワクチン接種しました。2回とも副反応は大したことなく1回目2回目とも肩が痛いのが2日くらい抗体が2週間で最大になるという噂なのでもう安心です。が、無敵になったわけではない。ナウシカで言うと外に出る時はマスクがいるのと一緒でマスクして歩ける ...

バイクの免許が欲しい私は中学生の時に強く思ってた。16歳になってすぐ原付免許を取って18歳には中型2輪までそのころは3ない運動段階制免許取得最短で16歳で小型17歳で中型18歳で大型の一発試験もしくは、車の免許というものでした。今は、中型一発でも大型一発で ...

1990年ごろ3ない運動でバイクなんて乗るな!と言ったあの頃の大人が高校生に行ってそれが僕ら40代あの頃の大人はバイク特にレースはなくす勢いで取り締まった。大人はそれを望んだのが今の結果2020年もその余波は受けてて車は若者に売れないしバイクはさらに売れ ...

今乗ってるハイエースは車中泊なんでかサーキット就寝用プライベーターだった私成績がいいわけでもなく営業がいいわけでもないいわゆる選手権には出てたけどほぼ自腹お給料切迫していたから車中泊コンビニ飯トランスポーターでハイエースを買ったわけです。今は、デートに仕 ...

:00コロナウイルスワクチン打ってきました。ファイザー製のワクチンの集団接種です。8月12日15:30用意するものは、配布された問診票など一式と身分証明書駐車場に車を止め案内されて病院の裏へ受付で書類確認消毒体温測定して待ち時間なくエレベーターに5人ずつ ...

車間が狭い速度が速い事故しがちなシチュエーションどちらも、視野が狭くなるんですよね。余裕があれば、その余裕がミスを許容してくれるんですけど余裕=周りを見る操作に余裕がある。と考えてるのでちょっとのミスは、車間距離や速度が適正ならある程度の事故は回避できる ...

ハイエースの値段300~360万円10万キロ乗ると考えたら1キロ30円~36円貯金出来たら10万キロごとに新車が買えるわけです。500キロで18000円貯金出来たらいい。ということはガソリン入れるたびに18000円入れれたら借金せずに車を買うことが出来る。1 ...

今や都市地方銀行では小銭貯金が有料化 2020年四月から小銭貯金100枚を超えると有料になってます。他の銀行も右習えローン組んでいる人が少ないし利率も少ない。仕方ないよね。唯一小銭貯金にやさしいゆうちょも2022年2月から有料化小銭は銀行ではドル箱にしたいみた ...

私がバイクのレースをしなくなったのは、2013年2007年くらいまでしっかりレースしてたんですがもういいかということで、2013年くらいに大型2輪の免許取ってツーリングを楽しんでます。今思い返すと・才能には敵わないってのが同時期に始めた人の中で数人・やると ...

久々に響いた記事大型2輪をアラフォーが取得するストーリーパソコンやガシェットが好きなアスキーの記事当たり前ですが、バイクは街乗りの人が取得する話結構リアルで面白い。実際は人それぞれ苦難は違うと思うけどいい記事で読むのがあっという間でした。不快な記事も乱立す ...

↑このページのトップヘ