不要不急の緊急事態宣言があったのが
4月
3月くらいから自粛傾向でしたので
なんだか、決まりだからと参加していた飲み会をやめ
ゴルフも毎月だったものもなくなり
不要な出張もなくなって
もう無駄なお金を使わなくなった。

無駄といえば、コンビニでの買いものくらい。
メンタル疾患を直すほうが大事なので後回しに


この騒動でわかったこと

私はとんでもなく無駄使いをしている

ということ
慢性的な飲み会。
毎月ゴルフ。
さして断る理由がないときでも気が乗らなければいかなかったらいい。

それだけで毎月数万円が余剰として残っていく
世のサラリーマンが30代で家を買うのには
それくらいの努力がいるんだなと思った次第
結婚して家庭をもって家を買うなんてのは頭金を貯めるだけでも大変

今まで流されて自分の用事を置いて行き浪費していたので
余計にそう思う。

自分の用事と気分を優先すれば、お金はたまる。
先取り貯金もしかり

つまらない会合の為1万円つかうならば
先取り貯金して残りのお金と時間を考えて行けば
相手のメンツも立ち
自分も無理していないっていう好循環に入ります。

20人が19人になっても幹事は何も思わない。
3か月に1回でもたまに行けばいい。
そう、数人になると逃げにくいので面倒な奴は早めに逃げたらいい。

優先順位の低い会を大事にする必要はない。

自分の生活に必要なものを優先し
何かあったときの余剰金を貯金し
自分の時間をきちんと取ったうえで
相手のことを優先する時間を作ればいい。

そう思う。

偉そうに、人のためにというが
それは自分がきちんとして初めてできること

お金を貯めるってのは、自分が余裕を持っているのが
数字で可視化される便利な数字と思えば
貯金額が増えるってことは
いかに無駄金を使っていたかと思う。

今回のコロナ渦中で思ったこと

最低限必要なことがわかり
無駄が可視化されたこと

これってホントは平時のころに気づいていたらもっと楽だったのにと思う。

今は本当にお金が貯まるようになってきた。
コロナのおかげというか、強制的に自粛に入って無駄を省けた。
こんな騒動はいらないけど、気づけたのはいいことだなと思う。