以前は、都会に住んでいることもあり燃料ぎりぎりのスリルも面白かったのですが
ツーリングを考えた際
早め早めの給油がいい。

ドカティは燃料警告灯がついていますが
それはそれ
光ったら残り1リットルくらいと思ってます。

燃費が20~25キロで推移するので
13リットルで考えると200キロ以内で給油が安心

高速道路で給油ランプ(貧乏ランプ)が付くと間に合わないですから

早め早めの給油がおすすめです。
どうせ同じ量給油するならメンタルに優しいほうがいい。

そんな感じです。

特に田舎では50キロくらいガソリンスタンドがないのはザラ
そう考えると給油は早めに行うほうがいい。

バイクは車と違ってメーター情報が少ない車両が多いですから
インジェクションになってからは、ガソリンのメーターもあるけど
早い給油に越したことはない。

高速道路のSAのガソリンは高めですが、
下道の給油と高速の給油も早めに行うだけで
株で言う毎月定額で投資することでリスクヘッジになるように
ガソリンも少し余裕があるときに入れるのがリスクヘッジ
長い目で見れば2円くらい高かろうが
安いガソリンスタンドで給油するタイミングが50%を超えれば
おしなべたらそんなに金額も変わらない。

私のバイクは特にハイオク指定なので
郊外に出る前にちょっと早めに給油しています。

それが、快適にツーリングできるポイントだから
山超える時にガソリンがギリギリでは不安
田舎でレギュラーしかなければもうレギュラー入れるしかないしね。
当然ながら
高速でガソリンスタンドをチェックしていないのに無謀にも乗る
なんてことはしない。

ガソリンはやや早めに入れるくらいがちょうどいい。
私の場合は、200キロ未満で給油

額面にして1500円程度です。

ガソリンでストレスやスリルを味わうのもたまにはいいけど
移動が楽しいツーリングでは早めの給油が快適なツーリングのポイントの一つだと思う。

夏は、バイクも水温が上がるし早めに休憩するのがバイクにも優しい。
そのタイミングで早めの給油をするだけで格段にストレスは減ります。

ま、
ぎりぎりが好きな人はぎりぎりのスリルを楽しんでいただければいいかなと

私の場合は,快適にすんすーんと移動したいので早めにガソリン入れるタイプ。