目が悪いので眼鏡を踏んで落ち込むことがある。
バイクでこけても曲がるし心もへこむ

スピリチュアルな人ならば、
受け入れ
供養し
前に進むためにより良い眼鏡を高いお金出して買いましょう。

みたいなことを言ったりするのでしょうけど
私は、その手の性善説は頭の片隅にあるけど信用しない。

眼鏡を踏んだのはミスだし
運命ではない
より高い眼鏡は必要ない。
好きな形やかけ心地で買い換えたらいい。

ただしたことに対しては心が落ちる。

仕方がない
と切り替えてさっさと買いに行くことが大事

私は、10代から失敗を引きずる傾向にあり
失恋したときは周りから

ほっといたらどうなるかわからんぞ
くらいのレベルまで落ち込んでいた。

心配され毎日誰かが来てくれていた。
それがなければ本当にどうなってたかなと思う。

今も変わらないが、少々のことは早々にあきらめ
傷が小さく落ち込みから早く回復できるように考え方変えている。

眼鏡が壊れても
数年使っていたら買い替えることに切り替え
新しい眼鏡が傷もなく視界がいいと前向きになることを知っている。

物は壊れ
生活は変化するので
お金をためたり本を読んだりして
変化に備えたりする。

とかはやっている。
根本的には変わらないけど
大きな挫折の時は自暴自棄になる前に切り替えることをしようとしている。

私はほかの人より処理が遅いのに
いろんなものを抱える傾向にある。

昨年それで最終的にメンタル壊れた。

それは
寝なければいい。
自分が犠牲になればいい。


テイカーに時間とメンタルと利益を搾取されていたから


いろいろ失敗もしたけど
それは仕方がないと思うようにして
ミスが起こったときは、仕方がないと思って対処することに努めている。

ミス失敗は仕方がない。
自分でどうにもならないことは考えても仕方がない。

眼鏡を踏むようなミスしたら
切り替えて買い換えればいいし

大きなミスをした時も、反省shじ対処しないといけない。
それが大事なことだと思う。

スピリチュアルな金言も気休めにはいいのですが
私は、失敗は仕方がない。
次同じ失敗しないようにするだけ

失恋は自分だけのものではない。
次の恋愛はもっといいものにする。

と無理目に考えてでも
そう考える。

私は、ミニバイクレースでそれを教えてもらった。
練習で失敗してもいい。
レースで転倒してもいい。
バイクのレースは小さなミスをしても次のカーブはやってくる。
迷う暇なんてないし
へこんでいるひまもない。

終わってから考えると切り替えたら
意外と反省点は少なかったりする。

勝てる直前に転倒とかはへこむけど
タイムがよかったりすると
意外と落ち込まないもので、さらには時間がたてばスキルの引き出し
になっていたりする。

失敗も本番で大きなミスさえしなければ失敗でない
と思えるようになったのはレースのおかげ