バイクのリーダー


みこしに乗って好きなこと言うのは置いておいて
きちんとケアできる人たち


という意味でのリーダー
簡単に言うとツーリングでペースや休憩をきちんととれる人

全体を見て
遅い人
初心者
バイクの種類

などなどぼんやり把握していて
ガソリンの給油タイミング
休憩の距離
道路の選定


自分本位でなく他人本位でできる人

だと思う。
自分が200キロ平気で走れても
アメリカンやモトクロスはしんどいし
初心者は気疲れで嫌になる。

そう考えると50~100キロで休憩

走行中もミラー確認しておおよそのペースを合わしたり
人とうまくコミュニケーションとったり
自然に楽しくできる人がいいと思う。

人に上下はつけたくないし
マウントなんてしようとも思わない。

役目が違うだけ

リーダー論で言うと仕事では無理もさせないといけないし
部下を気遣わないといけない。

ツーリングで言うと
目的地があり
最後解散するまでも時間の配分と
みんなが快適に走れるような感じでツーリングしたい。

それがリーダー的な役割
それができないとばらばらだし
不満も出てばらばらになる。

よくいるんですよね。
命令系の人

〇〇に行きたい
プランはお前が組んでくれ

組んだら組んだで文句を言い。
何もしない人
いい上司は、すべてをけなさいし文句を言わない。
方針が間違っていてもあっていても
より良くできるためのアドバイスと長所を必ず織り込んでいます。

けなし系でもうまく人を使える人は正当に評価し
否応なしに否定しない。
否定しても点数が0点の評価を出すという人はいない。

何もしないただツーリングに行ってワイワイする
そんな人はみこしに乗せられただけのリーダであり
責任感があろうがなかろうが
気遣いのできない人

というレッテルを張られる。

リーダー論を語るような人間ではないのですが
ツーリングを集団でするときは
ある程度周りに気を使うことが大事
それだけは確か

私が、ソロツーリングを決行するのは
わがままに乗りたいときのほうが多いから

ストレス
気分転換

でバイクに乗るときは誰も誘わない。
誰かと走るときはペースを合わすようにしてますが
一人に時のように、追い抜きもできないし
好きな時に休憩もできない。

好きに気ままに走りたいときはソロ

誘われた時には、まぁぼんやりと走っている感じでしょうかね。

わちゃわちゃと楽しく乗るのもいいですが
基本そんなにわちゃわちゃしたくないし
チャラい性格でもない。

ソロで勝手気まま
群れれない人間ですからわがままでもあります。

仕事で人と同調しているのがストレスの時も多い。
変なプレッシャーやマウントもある。

バイクのツーリングくらい。
利益や損得考えず、気持ちよく走りたい。

マスツーリングもみんなが楽しければそれが楽しい。
リーダーという誘った側の人間は
誘われた人が快適になるように気遣いをし
誘われたほうもある程度合わすのが気持ちのいいマスツーリングと思う。


曲がらないアメリカン
早く走るためにできたようなSSマシン

間をとることはできないけど
気持ちよくお互い走るのはできると思う。