レース用って速いんでしょ

と思う人もいると思います。
サーキットで聞くと官能的な音
そしてものすごい速さで駆け抜ける圧倒的な速さ

憧れますよね。

レース用のマフラーも手に入る世の中

でも街乗りはJMCA認定品をお勧めします。

理由:
車検に通る。
音もいい。
ご近所迷惑にならない。

が大きな理由

一番大事なのは性能
街中でも乗りやすく
レーサーライクな音もきちんとします。

車検に通る認定を受けているJMCA認定品は品質も保証されているし
車検の度マフラーの付け替えが要らないのはユーザーとしても非常に楽

そして一番はご近所や住宅地や市街でも迷惑になりにくいこと
純正のような静かさはないのですが
バイクってそもそも

エンジンむき出し
でエンジンの音も大きく聞こえます。
車みたいにボンネット無いので消音していないのです。

そう考えると公認マフラーは市街地に優しく
ユーザーの満足度を高めるいいバランスなんです。

バイクに興味の無い人は、爆音のバイクは暴走族と一緒に考えがちです。

特にロングツーリングの帰りには静かに住宅地を走るのがマナー
アイドリング付近でうるさすぎるマフラーってのはよくない。

本来ならノーマルが一番なんですが
かっこよさや個性を考えるとマフラーって買えたいんですよね。

私のドカティもスリップオンでサイレンサー替えてますが
静かで車検の通る範囲のマフラーでさらにバッフル入れてます。
1808180172

抜けが悪いと思うでしょうけど
街中では一切気にならない。

高回転使うときってドカティのS2Rだと高速道路の合流だけだし

マナーよく合法のバイクで気持ちよく走る。
これが一番

レース用は105dB
車検対応は最新で
近接 94dB以下加速82dB
エンジンの音含む

新車ノーマルがいかに静かなのかわかります。
静かでいい物
これが最良

一般の人にバイクが市民権を得る事

僕らバイクを趣味にしている人は車検対応で一般の人に迷惑をかけないのが一番

いい音で全開にしたいのならばサーキット走行
かっこよく、気持ちのいい音で走行したいのなら郊外や高速道路で
これが大事だなと思うんです。

そう考えると、マフラー交換はJMCA公認が一番いいんじゃないかと思う。
JMCA認定マフラー検索は下記リンクで検索できます。