都会での通勤バイク

家から駅まで不便(バイクで10分とか)
職場までバイク通勤

それが通勤バイク

私の以前の通勤バイク
RGV-Γ(笑)

2ストレーサーレプリカ
10キロ少々のバイクで毎日20キロ通勤

通勤 レース混同のバイクでした。
それはバブルはじけた後のお話

で通勤バイクの話に戻ります。

通勤はスクーターが便利
それも原付2種

これ最高です。

維持費が安い
燃費がいい
荷物が乗る
メットイン。


通勤快速とはよく言った物です。
スーツで上着にダウン
メットインの中
または
足元にフックでカバンを置き

駐車場に付けば、ヘルメットをメットインに入れ
ダウンならヘルメットの中に入る。

髪型さえ直せば普通のサラリーマンです。

通勤バイクで新車は30万円くらいかかりますが
通勤が30分が10分に20分短縮されると
週5日で100分
時給2000円ていど(月収30万円~)のサラリーマンなら
時給換算で月1万円ほどの時間を節約できる。

体力も使わない。
通勤時間短縮

いいことが多い。
長距離なら電車のほうがいいときは有りますが

乗り換えが3回
とか
駅まで遠い

はバイク通勤のメリットがたくさん

一般の方は会社の近くに家を借りることもできないし
通勤時間短縮はメリットです。

さらにメリットは時間に縛られにくい。
出勤時間が9時ならば
少々早めに出ても電車より遅く出ることが出来る。
通勤1時間が30分になったりする。

前向きに考えると
はやく出社してコーヒー飲んで
9時にはスッと働き始める。
満員電車にもまれて通勤するよりずっと楽

時間にルーズでも早めに出勤のルーティーンが出来るとメリットがたくさん。

会社に自転車置き場があれば、記者時間も電車待ちがない。
さらにメリットを言うと

飲み会に誘われにくい。

「バイクなんで飲めないんですよ・・・すいません」

こんなお断りの言葉が出来ます。
お金を貯めるうえで必要なのは、外食を減らすことでもありますから
少し早めに誘われて快諾したなら
その日だけ電車で行けばいい。

となります。

交通費を電車と変わらず頂けるとお金もたまるというメリットも付随してきます。

バイク好き
車は家族で一台
家が会社と離れた郊外
ならば
通勤バイクっていいです。

車のファミリーバイク特約を使い任意保険の金額を下げ
燃費は車の数倍いい
時間短縮
好きなバイクに毎日乗れる。
買い物にも不便はない。

これはバイクの特権と言ってもいい。
家から自転車で5分とかは使えないけど
車庫が高い都会は実はバイクが便利であったりします。

バイクの駐車違反の規約が増えても
会社や駅にバイクを置ける場所があるならば通勤はアリです。

バイクの置き場所がない

という方は残念ですが使えませんが
なんとかあったりするものです。

通勤がつらい
バイクの免許がある。

という人は考えないという選択肢はない。


と思います。