私は、体に異変が出てから心療内科に行きましたが
本来なら、予兆が出た段階で行くべきと思っています。

予兆は
仕事が忙しい
役職が複数


でよることが増えてしまったり
予期しない出来事が一度に起こると予兆が出てくると思ってます。

自分で判る予兆は
・不眠
・不安
・自己否定
・片付けが出来ない。

仕事上でてくることは
・思った以上に仕事が処理できない。
・仕事に行くのがゆううつ

休日の症状は
・趣味をしようと思わない。
・起きてるのに動く気がしない。


職場の帰りでは
人と食事をするのが苦痛
家に帰っても頭が休まらない。

これすべて私の症状
無理にだましだまし仕事していてパンクしました。

症状が軽い間に心療内科に行くと
初期症状なので、普通の病気と一緒で直りというか
普通に暮らすまでの時間が少なくて済むし
もしうつ系の病気でも早期治療はいいと思います。

私の場合は、症状が出てから薬のタイミングも遅かったので
長引いています。
仕事も十分な収入とお任せできる部下が少なかったので
仕事は継続
しかし物事を決定するのがすごく遅くなっています。

もし心療内科に行ってうつで無い
一過性のストレスならそれでいいじゃないかと思う。

予防として健康診断をするように
メンタルも予防して然りと思います。

周りでは、あいつはおかしくなったなんて言われる前に
病気を確認するために行くべきだと思う。

お腹の調子が悪い=内科
関節が痛い=整形外科
背中が痛い=総合病院
なんか不安が大きい=心療内科

という感じ
会社の健康診断では出ないこともありますからね。
どれも予防措置としてなら仕事の調整が出来る内に一度行くべきだと思います。
薬を飲むことも悪いことではないし
むしろお勧めするレベル。
病気は早期発見早期治療が最善で最短ですから

病院も忙しいと思いますが
わが身を削ってまで遅らせる必要はない。

病院で適正な判断をしてもらうことは大事です。
病院で病気じゃないと診断されたら自分はまだ大丈夫だと思える。

どちらにせよ早く病院に行くことはいいことなんです。

風邪気味なら、体温計で様子見て、体温が下がらなければ早い段階で病院
痛みが数日ひかなければ病院

予防診療と考えるとはやいに越したことはない。