心のカゼにかかると笑うことが出来なくなります。

ばかにされている人はある日突然余裕が無くなり笑えなくなります。
バケツが壊れ水があふれるように楽しいという感情が無くなっていきます。

無気力ってやつ

無気力のときバイクに乗って自暴自棄になるのもダメだし
そもそも好きだったバイクを乗ることすら興味が薄れる。

そんな時は最低限のガソリンのコックをしめたりして
乗らない準備をして少し距離を置くのがいいと思います。

「あっ 乗りたいな」
と思えば乗るべきだし

乗りたくないなと思ったら休んだり別の事したりほうがいいんじゃないかと思う。

もう私は、やるコトが溢れすぎて何していいかわからない
バイクはしばらく乗る気になってない
のが実情

忙しいときに無理に乗って快感もありますが
今の私は事故しそうで・・・
基本的には、余裕が出来たときに乗るのが最高に気持ちがいいとおもう。

趣味すらできなくなったと悲観するんじゃなくて
時間と余裕が作り出せたら乗ったらいいんです。
基本静かに時間を過ごすことが一番落ち着くし
叫びたい時もあります。

バイクの保管は
バイク屋さんに数か月預かってもらうもよし
ガレージがある人はガレージの隅でお休みしてもらうのもいい。

落ち着いたら
趣味は自分のいいタイミングで乗るべしと思います。