車は、MTからATになり
コーナーセンサが付き
ABSがつき
TRC(トラクションコントロール)が付き
さらに衝突軽減のブレーキが付くようです。

車は安全方向にかなりシフトし
事故はあまり減ってないんでしょうね。

それか、機械の技術が進みコストがあってきたのか

まぁ、私が感じたのは

乗り手が下手になったのか?

と思ったことくらい。

ABSも使わない運転
軽減ブレーキも廃車まで使わないに越したことはない。

事故する軽減措置だから使わない
ABSやTRCなどはうまく使う。

と考えている人がいるのだろうかと思う。
批評家で無いので私の意見ですが

MTの時は乗る技術が行って
ABSがないときは雨が滑るや雪道は危ない
と解って、運転は控えたり乗らなかったり
用事があるときはスピード緩めたり

そんな意識が車が優秀になったら人間が怠けてしまっているんじゃないかと思う。

人に言えるほどうまくもないし
私も最近はグッと運転が下手になったかもしれないと思うのですが・・・

昔の車は死角も多く
ぶつけたりもしたし
車幅感覚がわからないと練習したり

雨の日やぬれた路面でヒヤリとしたことも多い。

それはたぶん技術介入してくれるのでヒヤリはするがそんなミスでの事故は減っているはず
人身事故が減らなかったり
変な事故が新たに出来たり(踏み間違いとか)
には違う原因もあるとおもう。

操作が簡単になりすぎて、思わず踏み間違ったりしています。
ひらがなの「ぬ」を1分間で速く書いていると間違うのと一緒で
単純なことを早く繰り返すことで間違いが出てきたりしているのかなとも思う。

車の技術はヒューマンエラーを減らすため
事故になるときに気威厳して被害を減らす為のもの

運転者の運転技術も
安全を考えて身に着けていくと
双方歩み寄った形で事故ってもっと減るんだろうなと思う。

こんな考えは20年後にはきっと古い考えなんでしょうね。
自動運転が当たり前になったら
ほぼ運転しなくてもいいとなりそうです。

行き先決めてスピード設定するだけ
ただそれだけになりそうです。

でも運転は好きだし事故はないに越したことはない。
今の段階で車に乗っている私は安全に関しては考えながら乗りたいと思う。

40代にもなると
スピードやドリフトのように滑らすようなテクニックはもう付きにくくなっているので
法定速度内で
車が制御不能にならない。
車幅感覚を間違わない。
周りがきちんと見えている。
速度が適正

何かはまだまだうまくなれるとおもう。

事故を減らすのにメーカーががんばっている。
乗り手も頑張れば事故はもっと減る。