信用してくれていたり
自分を評価してくれていたり

そんな人にあうって幸せですが

不特定多数の人に会うのは苦手
というか
最近は特に苦手

心のカゼは不安を抱えたりするので
不特定要素多数はかなり消極的になるんです。

何言われるかわからんし
周りに誰もいなければ不安の何物でもない。

20人ぐらいだと中座出来ないし

なので極力定期的に会うことをしている会は、会議が終われば
さっさと帰ってお薬飲んで寝ます。

早起きして脳みそが整理されているときに仕事片づけないとこまるし
夕方のパフォーマンスは子供以下なので・・・

周りに小ばかにする人がいたらまずいかないし
2次会なんて絶対無理

病気になった瞬間からリハビリ状態です。
仕事もプライベートも元のようにはならないけど見た目は治っている。
そんな状態

もうね、仕方がないんです。

自分が自分を維持するのに必要ですから
見た目が表情以外普通なので余計にその辺は大事

自分がダメと思えばダメなんです。

多くの同じ症状で悩んでいる人は
人の時間に合わせていて破たんしたり
抱え込んで破たんしたり

そんな人が多いと思います。
私がそうですし

で、どうするかっていると
自分時間を大事にして落ち着いた生活をすること
更に欲を言えば
理解してくれるパートナーがそばにいてくれること

話すこと共有してくれるってことは大事

名倉さんが早く復帰できたのは、周りや家族の理解も大きかったと思います。

自分でコツコツと生活するとともに
サポートしてくれたり理解してくれる人がいると
大いに安心します。

人に会うのがつらいと感じたら、断るのも必要。
自分を守るのに必要なことは確保してあたりまえなんです。