財布の中には、
キャッシュレス用の楽天銀行カード
身分証明書
郵貯カード
現金

のラインナップ
結構個人情報満載ですが、これくらいは必要

現金が足らない時はゆうちょもしくは楽天カードで現金を下ろす為
身分証明書は、日々車に乗るので免許証

で、小売店や現金決済のお店では現金

としています。

現金とキャッシュレス口座の金額の割合は
大体1:3~5

財布に現金は通常1万円まで
キャッシュレスは今のところ3万円以上10万円未満
としています。

使い方は
コンビニ
ホームセンター
webショップ
などは楽天銀行カードでキャッシュレス決済

他、外食で地元密着のお店では現金決済が主
小さな食堂などはまだまだ決済は現金
観光でも入場券は現金の場合があるんでそうなります。

出張の時は不安もあり現金が増える場合がありますが
普段の生活では、毎月使うであろう額はキャッシュレスの口座に
現金で決済する必要があるときのみ現金

のスタイルでやっています。

キャッシュレス決済だと、1%還元
100円消費するごとに楽天ポイントが1ポイント

使わない手はないと考えています。
実際は、消費税増の分を還元している微々たる割引ですが
日々の事ですから大事にしないといけない。

楽天のゴールドやプレミアカードも考えましたが
100万円を口座に入金する余力
楽天市場での消費のバランスを考えてまだ活用していない。

毎月1万円を超える楽天市場での買い物をする場合は、
年会費ありの楽天カードにしようと思っていますが、
今のところ必要に感じない部分もあるので保留中

入金残高が増えたら、バイクのパーツやウェアーを買ったり
高知県では手に入りにくいものを買うことが増えるでしょから
その時は楽天カードの加入を考えようと思います。

保険やポイント還元の特典は有りますが
今の生活では、ECも活用しながら普段のせい価値は地元密着

ポイントの活用利益
などの事を考えると今は
現金決済+楽天銀行カードで毎月入金
が私のスタイル。

資産と消費を区別し
キャッシュレス決済の伴い
消費を、キャッシュレス決済と現金に振り分けている状態です。

各々使い方や活用方法は違うと思いますが
参考になれば幸いです。