今乗っているドカティS2Rも14年落ち

どちらかと言うと枯れたバイク的な年式
とはいえ乗るのには快適です。

最新のバイクに乗るとさらに乗りやすい。
250ccでも100キロで高速巡航簡単だし
トルクが薄く感じることもない。

一番はサスペンション
ス一と曲がるし
高速でも快適な直進安定性

レースやテストなどのフィードバック

新しい技術の盛り込みは凄いものがあります。

2013年に新車で買ったCBR250R(MC41)は乗りやすいしこける気もしなかった。
ついている装備は当たり前のものでしたが
熟成と新しい技術を盛り込むとなんて乗りやすいんだと思った。

それまでは1990年代のフレーム乗ってましたから
衝撃もすごかった。

まぁ、レーサーのCBRだったのでレースをやめたので売ってしまいましたが・・・
なにせ新しいバイクは乗りやすい。

エンジンも、熟成やニューエンジンは乗りやすい。
低速トルクもあるし
馬力は昔のバイクほどないですが、扱いやすさは別物

電子制御もすごい

大型バイクに関しては
ABSより
トラクションコントロールが凄い

コーナーも普通に乗れる。
200馬力近くあるバイクを気持ちよく走るのは難しいです。
実際使っている馬力はちょっとしか使っていないんですよね。

程よい馬力ってそんなに大きくない。

トラクションコントロールや馬力の出方は素晴らしいものがあります。
この機能がないと200馬力のバイクはクローズドコースでも全開なんてできない。
(200キロでもウイリーしそうです)

乗るだけに関しては同じ技術なら新しいバイクのほうが気持ちよく乗れる。

バイクは趣味性が高いので、好きな形や憧れたバイク
をあえて古いバイクでも買うのがあると思う。

それは乗りやすいバイクでなく、好きなバイクに乗る。
ということ

それはそれで絶対的にいいこと
好きでないバイクっていくら高性能でも乗る機会が減りますからね。

乗る技術は高い方がいいけど
バイクが助けてくれるのなら新しいバイクのほうが
壊れないし乗りやすい。

免許取ってバイクを買おうと思っている人

好きなバイクの中で一番新しく程度のいいバイクってのが安全で安心です。

古いバイクをモディファイや修理をしていくこともかっこいいですが
ハードル高いですから
いろんなバイクを乗って経験していくことが大事かなと思う。

形もお金もこだわらないのなら、最新が最良です。