簡単なことすら今できない感じなんですが
元来人に頼むことが苦手

自分に出来ないから頼みたいのに
自分がわからないから頼むことができない。

上司に依存することをしないは、上司に勉強させてもらうことをしないのとは違う。

もともと人にものを頼めない人(私など)はストレスが凄い。

それで私は手が震えて何もできなくなったのですが
ある程度予想が出来るものは頼むことが出来ます。

予想が出来ないものは怖いので頼むことすらできない。
そんな毎日でした。

頼んでから、不安で経過が気になるのですが
数日我慢して、頼んでいることの経過を聞く。

そうやって不安を消していかないと持たない。
なんでもできないんです人って

人を見てお願いして自分も成長しないと私のように精神的に参ります。

自分の能力を上げながら、人に手伝って頂けるようになって
上手く年を取っていくこともできるし
仕事も上手くいく

使われるだけでも行けない。
使うだけでも行けない。

上手に使われ上手に手伝ってもらうことが大事

仕事でいうと外注をうまく使うっていうこと
対価はお金ですが、信頼とお金とが合わされば最強です。

人一人で出来る事には限界があり
人の能力は無限であっても時間は有限なんです。
一つの能力をガンっと上げて
他の事は話せるだけの知識でとどめるとwinwinになるんじゃないかと思っている。

バイクの整備が出来る人はメカニック
バイクを乗るのがうまい人はレーシングライダー
その場所やメンタルをコントロールできる人はマネージャー

それがチームであると考えると
取りまとめの監督は何もできないけど何でも知っているし
大きな一括りの団体を取りまとめる能力のみ特化すればいい。

そんな考え方。