youtubeなどでエンジン下ろして
フレームごろりから整備している動画などたくさん有りますが

私も以前ミニバイクの時はやったりしていましたが
最終的に自分がやる整備は

一般的な腰上メンテ
チェーン
オイル交換
など

一般的なことだけになりました。
エンジンは下ろした時点でショップでOH
サスも外してOHに

と結局すべてを自分ですることはしませんでした。
なんでか

仕事しながら時間を割いていいものを作るには限界があったから
今乗っているドカティなどはとてもとても時間が取れない。

いましているメンテは
オイル交換
ブレーキのメンテ
チェーンの調整
錆や劣化しないようにフォークのインナーにシリコングリス塗ったり

洗車がほとんど
たまにバッテリー充電とか

日曜半日コースですね。

DIYは壊れていたり劣化しているものの交換がメイン
全バラして調整したり
大きな作業は基本外注にするようにしています。

時間とお金とバランスを取っている感じですね。
20代までは、責任が大きな仕事が少なく
時間も無限にあると思っていたので
平日深夜とか平気でしたがもう無理
集中力が続かない。

ある程度の今までの知識と周りに知識のある人に教えられながら
程よいメンテを楽しんでいます。

重整備はバイク屋さんや専門ショップ

ノウハウはもちろんですが
きれいな仕上がりも期待できるので
今は、情報を仕入れたりして
適正なタイミングで整備をすることが今はメイン

タイヤ交換はホイル外してバイク屋さんとか
色々適当にしています。

昔では考えられないんですよね
工具あるのに工賃払ってタイヤ交換するのって・・・

今はそんなことありません

タイヤ処分のめんどくささ
交換のきれいさや手軽さで外注です。

素人ですからね。
面白いと思う整備をして
きちんとしたバイクに乗る。

これも一つのバイクライフだと思うようになりました。
全ては自分だけで出来ない。

これに気付いただけでも十分です。