ままでの経験上オイルさえ交換していたら今の車は壊れない。
私が今まで自分名義で乗った車たちの経歴は

100系ハイエースは、8万キロ70万円で購入
オイル交換はオートバックスなど車用品店
15万キロで海外に売る(5万円)

キャラバンは8万キロ10万円で購入
13万キロでオイル交換を2万キロしなかったことでエンジンブロー

エスティマルシーダを8万キロ 29万円+諸経費=45万円で購入
20万キロでメーターの照明が消えたので買い替え

ハイエース200系
3万キロ 220万円で購入 
現在 24万キロ

トラブルはファンベルト交換のみ
5000キロごとのオイル交換(4000円)
10000キロごとのオイルフィルター交換(7000円)
5万キロでのATFとデフ交換(3万円未満)
タイヤは純正で6万キロごとの交換(6万円)
20万キロでブレーキパット+ローター交換(10万円)

ほぼほぼトラブルなし

と考えると普通車は10万キロ程度では壊れない。
50万円ほどのプライスで買えるならコスパがいいと思う。

エスティマは29万円+車検+ナビということで50万円でしたが
税金が高い以外は結構満足でした。

ノーマルで乗ることを基本としたらオイル交換さえすれば20万キロは楽勝かと思う。

新車 300万円
10万キロの中古車 100万円

どちらがコスパがいいかと言われると後者だと思う。

当然10万キロ分の消耗やヤレは有りますが
特段乗るのには困らないだろう
と思う。

困るとしたら、税金が上がるタイミングが早い。
クリーン税制が終わっている。
最新装備がついていない(型が古い)

というくらい。
新車で5年乗ってしまうと同じ条件ですから
潔癖症や新車で無いとダメな人以外は
お金がないが車は必要
と言う方は過走行で程度のいい車っていうのはコスパがいいので
買うときの候補に入れてもいいかなと思う。

私が今「買い」だと思うのは
・日産 ティアナ
凡庸なセダンですが、乗り心地はよい 値段は安い セダンで流麗なフォルムが好きなら買い

・レガシー 2.5i
ターボで無いレガシーワゴン
ターボが人気ですが、ターボなしでも170馬力で十分
荷室後部座席も広く年式が平成24年であれば衝突安全も付いているのに
いまは150万円を切るプライスが中心
個人的には、4WDでレギュラーガソリン
市街地以外の流れのいい郊外路では13キロくらいの燃費は期待できる。
なにより広い上乗っていて楽しい車である。

・プリウス
ばかみたいに売れたプリウス
過走行ではバッテリーの劣化が気になるところですが
逸れさえ気にしなければ、25キロを超える燃費
車体も大き目で不満なし
値段も150万は全然切っている。

プリウスの陰に隠れた名車インサイトもありますが
スポーツカーのような屋根の低さを気にしなければコスパ最高かと思う。

と少し前の車で装備もそん色ない車が
ちょっと過走行なだけで安いプライスで売っています。

消費税が上がって車買うハードルが高くなっているけど
中古車市場をよく見てみると「買い」の車は多い。

欲しい車を買うまでの間ツナギ
取りあえずの下駄代わりの車
であれば過走行車アリアリです。