公道で危ない速度で走る
走り屋
ってのが流行っていた80~90年代

私も感化されてましたね。
2サイクルのレーサーレプリカに乗り
膝擦る感じで飛ばすのかっこいい的な

その後ミニバイクレースしてから
ツーリングライダーに戻って思うこと

「公道でこけるのは一番かっこ悪い」

公道でこけると一般の後続車もいるし
対向車もいる。

危ないんですよね。
踏まれたら死ぬし・・・

ただ、そこそこの速度だと気持ちがいいのは確か
バンク角一定でちょっとアクセル当ててコーナリングするのは
気持ちがいい。

人馬一体とかドライビングプレジャーってやつ

それは、
バンク角が飛び切り深いわけでもなく
速度が猛烈に早いわけでもない。

自分の感覚とバイクの動きがマッチしているだけなんです。

これは人それぞれの速度と感覚なんで
まぁ誰がどうってことないですが

私が感じるのは

・怖くない
・余裕がある
・楽しくなる

という状態

最終的には気持ちがいい。

と言う状態でバイク運転しているとき

免許取立てなら
初めて動かした感動

ちょっと慣れたら
上手く曲がれた感動

というのが近いと思う。

後は、バイクが思うように動いてくれる時
が最近の気持ちがいい運転だと思う。

目線をコーナーの先に向けたらバイクがそこに向かってオンラインで動く

最高に気持ちがいい。
そんな事がツーリングであります。

特にソロツーリングの時は、そんな感覚になりたい道
そんな感覚で走れる速度で走ります。

ヒヤリとすることもあるけど
怖いということではない。

「あ、ちょっとこのコーナーきついぞ」
とか
「あ、速度が出すぎてるかも」

と言うとき
曲がれないわけではなくて気持ちよく曲がれないときがあるんです。


速さを求めたら、ミニバイクレースやロードレース
テクニックならジムカーナやトライアルバイク
どこでも行くテクニックと速さを求めたらダートトラックやモトクロス

をクローズドコースでやったらいい。

公道で無茶するより、数倍安全で数倍成長する。

上手くなるための場所ですから
上手くなる速度も速い

ただ、お金もかかるし
限界を底上げするための練習するわけですから
気持がいいのはあまりなくて
どちらかと言えば、出来ないことができる気持ちよさがある。

公道でツーリングに行くと、何もかもが余裕になったり
色んなシチュエーションの対応できたり
色々いいこともあります。

公道では、余裕のある運転
クローズドのコースではうまくなる運転

と住み分けしたらいいと思います。

練習場所は色々あります。
公道で無茶するんではなく、気持ちよく周りに迷惑かけずに走るのが一番かっこいいと思う。

関連記事