あたしが初めて乗ったのが原付

河原のオフロードコースで初めて乗せてもらった。
一気にバイクに取りつかれた感じ

アクセルひねればどこでも行ける。
自転車の数倍速い速度
何と言っても爽快

車を初めて乗った時より衝撃でした。

感覚としては、自転車の補助輪が外れた時と一緒
スーッとどこでも行ける感じで一気にハマる。

免許を取り原付を買い
免停になることもなく翌年小型2輪
学校にばれることもなく翌年中型2輪
学校にばれ停学になり
社会人になりミニバイクレース

Uターンで就職し40歳を機に大型2輪

現在はドカティを乗ってます。

なんでもそうですが、初めて乗るバイクは初めてスクーターに乗ったワクワク感があり
爽快感は今でも変わらない。

スピードを出すようなことはしなくなり
いまはスムーズに曲がることが気持ちがいい。

一人でどこかに行く乗り物がバイクは変わらず
いい景色と缶コーヒー
これも変わらず

10代のころは走るだけでよく
40代も変わらず

何もテーマがなくてもバイクに乗りストレスを発散させることができる。
初めてのスクーターがなければ今はないんじゃないかと思う。

普段乗らず週末ライダーですが
いまでもバイクに飽きない理由は、
「今乗っても面白いし気持ちがいい」

ただそれだけ