高速道路での追い越し車線
2車線だと右側車線です。
2キロ以上走行していたら通行区分違反っていうのは何となく覚えていたのですが
まさか2キロと言う数字が都市伝説だったとは・・・


これ

基本的に追い越し車線は追い越しが終わったら、左車線の走行車線に戻るんですけど
車が多かったり
車間が使って走りにくいときに違反しがち

「じゃぁ、渋滞はどうなってんだ」
とか
「下り口が右の時はどうするんだ」
とかクレームチックな言葉がのどから出そうですけど

実のところは、私個人ですが
渋滞で捕まったこともないし
環状線のようにイレギュラーな高速道路で通行区分違反で捕まったことないです。

警察も検挙するのに色々考えていると思います。

高速道路の追い抜き車線て結構危険が多いです。

最近ニュースでよく見るのも追い越し車線
スピード違反で取り締まられるのも基本追い越し車線
通行区分違反も追い越し車線

高速道路のトラップかと思うくらい(笑)

それよりも、他の車のペースから著しくスピード差があることって疲れるんで
走行車線時々追い抜き車線

が精神衛生上いいと思います。

バイクのツーリングの際も80~100キロくらいで移動するのが楽
後続の車間さえ詰まっていなかったら快適なんです。

車間が詰まるとプレシャーになる→スピードを上げるのもいいですが
まあ割が迷惑でなければ、走行車線を自分のペースで走るのが結構快適

追い抜き車線を数キロ走る必要もないんです。

追い抜き車線は危険がいっぱいです。