どこの田舎でもいいのですが
高知県だと、県庁所在地から離れると田舎

バイクの乗るのに田舎は最善

・家賃が安い
・ツーリング先が近い
・盗難リスクが少ない。

田舎で住むと何がいいか

・家賃が安い
都会の50%や20%で住めます。
一戸建て6万円とかザラですから、さらに駐車場付き

仮に離職して田舎暮らししても都会の倍住めます。

・ツーリング先が近い
田舎には道の駅
観光拠点となる道の駅がある。
買い物以外に都会の休日は出向かないひとは、田舎が向いている。

・買い物は不便ない。
ものすごい田舎で無い限り、買い物には困らない。
逆を言うと、不動産屋さんで借りれる場所って基本スーパーや衣料品店が近い。
バイクパーツ等特殊なもの以外は大体不便なく買える。
(バイクパーツは、県庁所在地のパーツショップまたは、楽天やamazonで買う)
バイクの修理は、外車で無い限りバイク屋さんはある。

・選ばなければ仕事は結構ある。
田舎は基本人材不足
特に、ガテン系の仕事は、40代は若手
営業職なんかも意外とある。
無いのはIT関連くらいでしょうか

田舎で就職するもよし
IT絡みの仕事を貰い、在宅勤務も出来るのであれば
田舎の方がコストもかからないので意外といい。

・仕事の拘束時間が短い
都会と比べて拘束時間は短い。
それは、高額の給料を貰わなくとも生活できるから
8時~17時で仕事が出来て
19時頃には家でご飯食べ終わっているような職はたくさんある。
それでも生活できますから、田舎はいいんです。

・バイクを置く納屋がある。
駐車場でシャッター付きでも1万円くらい。
一戸建てを借りたりしたら納屋がついていたり結構バイクにとってはいい環境
もともと盗難が少ない田舎ですからバイクには優しいんです。

と、生活する上では結構ローコスト
お給料も都会の半分ですけど家賃は半分以下
食費もお米やお野菜は生産者が近くにいるので結構安い。
時間があれば、家庭菜園とかいいです。
ストレス発散にもなるしね。

余った時間とお金を使ってツーリングも結構行ける。
田舎なので片道100キロはすべて郊外路
日帰りツーリングなんかも毎週やる気になれば出来る。

デメリットは
安い一戸建てはぼろいこと
ご近所付き合いが都会より密であること
お給料が安いこと

が有りますが、バイクが好きで

もともとお金をあまり使わない人
仕事に追われるのに疲れた人
フリーランスで出勤しなくても収入のある人
と言う人には向いていると思います。

私も給料が半分になっても貯金額は以前より増えてますし
お金を使う遊びをあまりしなくていいのがメリットですね。

バイクって買うのは高額で
維持費もかかりますが、車がマストな田舎では意外と乗るのは簡単
軽の車で平日出勤していたら、ランニングコストも通勤電車くらいかも

田舎は、給料安くて仕事がないというけど
仕事も選ばなければあるし
バイクに乗る時間も出来る
なにより盗難リスクもガレージを借りるコストもないに等しい

これは、バイク乗りにとっては天国だと思いますよ。

私も、大阪に住んでいた時代は
家賃 5万円
光熱費 2万円
ガレージ 車1万5千円 バイク 2万5千円
で住むだけで12万円

車やバイクと私の食費で約10万円
レースのためのバイクだったので、月のランニングコストは約5万円

月何もせず、仕事してご飯食べるだけで27万円かかってました。
そら、貯金するのはハードルが高い

田舎に帰ってきたら
実家の家賃や生活費 5万円
バイクと車で年間50万円くらいコストがかかっているので、月5万円くらい
食費や遊びは6万円くらい

16万円でなんとか暮らせ
20万円あれば、毎月貯金ができます。

コストはー10万円

気が向いたらバイクに乗り景色のいい場所でストレスを放出しています。

都会にあこがれてみたものの、住んでみたら意外と不便と思っている人
田舎暮らしでバイク生活 意外と悪くない。

田舎暮らしのバイクライフも満更悪くないです。