通勤で雨ならカッパも着て乗りますが
車があれば、雨の日は乗らない。

ツーリング先で雨が降れば諦めて乗るけど
気を付けないといけないことはたくさん増える。

・白線を踏まない
・マンホールを踏まない
・コーナー中ブレーキを掛けない。


アリます。

白線はアスファルトよりも滑りやすいので歩道との境界線
停止線は気を付けます。
特に気を付けないといけないのは、停止線で強いブレーキをしない

車ならABSが働きますからわかると思いますが
バイクならフロント滑ってこける恐れがありますから
停止線は要注意

マンホールは、やっぱり超絶滑る。
困ったことにコーナー中によくあるんですよね。
交わせるに越したことないですが
間に合わない時は、車体起して何もせず通過する事が大事

コーナー中も晴れの日とは違い
バンク角は浅目
さらにブレーキもあまりしない方がいい。
ゆっくり通過する幹事
一般道なら、車とおなじようなスピードかそれ以下くらいがいい。

なにせ、雨は滑ります。
タイヤが古かったり、溝が無かったりしたらリスクは増えますが
新品であっても、マンホールや過度の操作では滑ります。

雨の日は、滑りやすい場所に対応できるように
マンホールがありそう
というリスクを考えながら
ゆっくりスムーズに走るのが雨の日の走り方。

晴れの日では何ともない操作も
雨の日は急な操作になるんです。

雨に日は、時間も乗り方も余裕をもってが基本
余裕があれば急な操作もしないんです。