今や400ccのバイクのリリースが少ないうえ
600cc位のバイクがミドルクラスになったので

250ccのバイクの魅力って?

250は中型免許で一番最初に買うであろう排気量
何が魅力かって

高速道路に乗れる。
法定速度が標識通り
そこそこハイペースのツーリングもこなせる。
軽量コンパクト
バイクのラインナップが多い。
維持費が安い(車検がない)

と盛りだくさんある。
ドカティS2Rに乗っている僕もDトラッカーはいまだにガレージにあるんです。
それだけ魅力的で万能なクラス

・高速道路に乗れる。
126cc以上のバイクで何が魅力的買っていえば

・高速に乗れる。
ロングツーリングに欠かせない高速道路に乗れる能力
これが備わっているのが250ccクラス
150ccという排気量も出てきていますがやはり200cc位は欲しい。
高速道路を使えるだけでツーリングルートががぜん広がる。

・法定速度が標識通り
これが結構大事で、原付の時は30キロ規制 原付2種も60キロだったかの規制がある。
標識通りに運転できるという事は、車の流れに乗れるという事
これが楽ちんなんです。

・そこそこハイペースのツーリングもこなせる
250ccモトクロス系のDトラッカーで120キロまでが限界ですが
250ccの基準は高速に乗れる性能があるってこと

つまりは100キロ巡航が出来る

ということ楽ちんで軽快
下道でも全開60キロより余裕のある60キロのほうがいい。
マスツーリングも常識的な速度ならまずついていけると思います。

・軽量コンパクト
万能バイクで一番排気量の小さいクラスですが、最大のメリットは軽量コンパクト
CBR250Rで150キロ
Dトラッカーで130キロ
よろっとしても何とかなる重量

さらにスリムな車体ということは、同じシート高でも細い分足つき性がいい。

小柄な女性がまず250ccを乗るのはこの辺の安心感からだろうと思う。
平均的な男子でも250ccはとっかかりとしては最高のクラス
馬力も程々ですので扱いやすさは軽さと相まって優秀

・バイクのラインナップが多い。
人気のクラスはいろんなジャンルのバイクがある。

オフロードもトコトコ行けるセロー
オンロードのトコトコ系 カワサキ エストレア
オンロードのびゅんびゅん系 ホンダ CBR250RR
オフロードのびゅんびゅん系 ヤマハ WR250
スクーターラインナップにある。
外車も最近はドカティやBMW KTMが参戦

ラインナップの多さだけでいうと一番多いのではないかと思う。

・維持費が安い(車検がない)
何と言っても維持費が安い。
車検代がない。
重量税がない。
自動車税が3600円

と400ccなど車検付のバイクとは年間3~5万円くらいはローコスト

普段使う分には何も困らない排気量なので
ローコストハイクオリティーなんです。

まとめ

近年新車の販売価格が高騰している250cc
80万円とかっていうプライスがついてますがそれはそれ

ドカティのV4は500万近いからね。
まぁ、時代背景それなりと言う感じです。

何がいいかと言うと

全開に出来る気がする馬力
ラインナップの多さ
とっつきやすい大きさ
維持費の安さ

250ccクラスっていうのは、初心者にもお勧めできるクラス
取りあえずツーリングがしたい人には僕が一番お勧めするクラス

レースに関してもスピードレンジが低い(200km未満)なので
レースシーンの入門クラスにもオススメ(ST250)

基本ローコストに維持できなんでもできるので僕的にはオススメのクラス

大型バイクに乗っている人でもセカンドバイクに買っていたり
昔乗っていたバイクを維持しているのもこのクラス

なんだかんだ言っても一番魅力的なクラスであることには変わりはない。