先日の記事からは一変しているような記事ですが
大型バイクの魅力ってのを少し

大型バイクの魅力

・一番は大きいこと
男の子は、
大きい物 
強い物 
速い物
にあこがれを持つのは本能みたいな感じだと思います。
戦隊モノもウルトラマンシリーズもそうだもんね。

排気量がでっかい=ボディーもデカい
排気量がでっかい=最高速が速い
凄く重厚で重そう=強そう

何ですよね。
男の人が大型バイクにあこがれる理由はこんなところ

・乗ってみてよかったところ
ドカティはまたちょっと違いますがエンジン関係は

トルクがありアクセルをそんなに開けなくても交通の流れに乗れる。
パワーがあるのでシフトチェンジが少なくて済む
動き出したら意外と軽い。
高速でも回転数が低めのため振動が少ない。

というもの

・車体周りはどうか

基本設計がパワーがある設計なのでがっしりしている。
重量があるのでどっしり安定している。

と言う感じ

ハイパワーで楽ちんと言う感じでしょうか

で、デメリットはないかと言うとあるんです。

・取り回しが重い
ちょっとコンビニまでのような自転車感覚では重くてめんどくさい。

・Uターンや低速コーナーが苦手
高速安定性の代わりに、重さがかかるUターンとかは少々苦手
大型免許が難しい理由はこの辺のテクニックが要るからでしょう。

・維持費がかかる。
税金車検は400ccと変わりませんが
タイヤが太い=タイヤ代が高い
エンジンが大きい=オイルをたくさん使う(オイル交換が高め)

と消耗品が高いんですよね。
まぁ仕方のない所

と重いことと維持費がかかるのがデメリット

それに付け加えて限定的ですが

速く走るには体力がいる。
ということ

スムーズに走ることでは楽なのですが速く曲がったり
ゆっくり走ったりするのはやはり技術がいるんで中型や軽量なバイクと比べると差があります。

良い所悪い所は、それぞれありますが
私が思った大型バイクの初見はこんな感じ

ツーリングは楽だから排気量って大きくなりがちなのはよく感じます。