最近
排気量ハラスメントというか
排気量マウントというか

排気量による立場の違いみたいなのをよく聞きます。

教習所で誰でも取得しやすくなったので増えてきたんでしょうね。
以前は、教習所で取れなかったので
大型バイクにあこがれる中型免許乗りが多かったのですが

最近は
「大型持っていないの?」
「免許あるのに乗らないの?」

みたいな風潮
あんまり好きではないんですよね。

大型2輪免許を持っている
ということは
50cc~制限なしのバイクに乗れるという事

選択肢がほぼすべての車両になるという事なだけ
大型に乗るには多少中型よりスキルが要りますが

大型と中型の違いは、排気量による扱いの違いだけで
大きくは変わらない。

250ccのほうがあっている人もいれば
憧れていたネオクラシック的な400ccに乗っている人もいれば
ハーレーい乗っている人もいる。

結局のところは

好きなバイクに乗っているだけ
そこに排気量の大きい小さいで楽しさは変わらない。

と思うわけです。

ヒラヒラと走りたい人は、軽くて小さいバイクに乗るし
どっしりドカーンと乗りたい人は、大排気量でしょう。
家庭の事情であまり予算が裂けれない人は原付2種という人もいるでしょう。

楽しく乗っている人に
「250ccなんだ ふふん」
なんてのはナンセンス

確かにフェリー料金高め
タイヤも高め

お金使ってる分自慢したいのはわかりますが
排気量でいい悪いは、自分の勝手だったりするんです。

僕が大型2輪免許を取った理由は
免許の縛りで好きなバイクの乗れないのは嫌だから

ただそれだけ
250ccで乗りたいバイクがあれば買って乗るし
今乗っているドカティも1000でなく800ccなのは
自分の身の丈に合っている気がしたから
身の丈に合った乗り物は面白いし飽きない。

そこにチャチャ入れていくのはちょっと違う。

僕の周りも中型だけの人も多い。
理由は
「とりあえず乗りたかったから中型」
僕らの10代の時代は教習所で受けれるのが中型までだったので
そんな人が多い。

女性の多くも
「バイクは好きだけど中型で十分」
と言う方も多かった。

今でも
大型2輪の免許を持ち
大型のバイクに乗る人は憧れであってほしいし
いい人であってほしい。

バイクもなんでもとりあえず偏見から入ってくる人は嫌いです。