するなと言われても
スピードに気を付けていてもオーバーしがちなのがスピード

バイクは軽くて馬力があるのでそれが顕著
原付なんて30kmですから
幹線道路はすでに30キロは無理ゲー

スピード違反をしないためにはどうしたらいいのか

・先頭を走らない。
これが一番 ペースを相手に委ねる。
速すぎたら自分がゆっくり走ればいいし
先頭はリスクが高め

・最後尾を走らない
40kmの法定速度でも車の流れが60kmなんてのは多々あります。
40kmで走るのが恐ろしいときは60kmで流れに乗ることが多いと思います。
そんな時は、最後尾を走らないのが得策
なぜ?
と聞かれたら
スピード違反で捕まる確率が少ないからとしか言いようがない。
推して知るべし

・知らない道は、ゆっくり走る。
なんでもそうですが勝手がわからない所っていつも通りの走り方すれば
事故の確率も上がるとともに、わけのわからない所で捕まったりします。
一時停止の見落としや速度看板の見落としもあるでしょう。
知らない道を走るツーリングは特にガンガン行くことは避けたい。

・住宅街はゆっくり
住宅街や市街地の市道などは30~40キロ
飛び出しなどもさることながら、スピードも違反しがち
人通りの多い道や歩道の無い道路はゆっくりが、安全確実

・余裕を持った時間配分
「関係ないだろ?」
と思われるかもしれませんが、
時間がせっぱつまった時は周りが見えないことが多い。
覆面パトカーに捕まったり
レーダーに捕まるときは往々にして時間がないときが多い。

時間の余裕は心の余裕

余裕があるときは周りを見れるしいいことずくめ
そんな感じです。

ツーリングでもゆっくり目のプランにすると
景色も堪能できるし、捕まるリスクも少ない。
いいことが増えます。
知らない道は一度立ち留まって休憩なんてのもいいかも



速度違反や軽微な違反は、なんかふとした時にやってしまいがち

・周りのペースに合わせる。
・時間に余裕を持つ
・危ないなと思うところはゆっくり目

という簡単な意識で捕まる可能性がぐっと減ります。
街中は、飛ばすのがかっこいいわけではないですからね。

市街郊外かかわらず、気持ちのいい速度で走りたいですよね。
ガンガンわがままに飛ばしていると、90年代のように走るところが無くなったり
バイクの市民権が無くなったり
色々不便します。

たまに飛ばしたい衝動に駆られますが、節度を持って走りたいですよね。

速く曲がりたい人は、ジムカーナやサーキットがオススメ
転倒のリスクもありますが、峠やワインディングより安全

スピード出すのが正しいサーキットは、
装備にも厳しく走行代金もかかりますが、安全で公道では出来ないことができるので
飛ばしたい人
膝擦りたい
って人は、一度は走行会でいいので行ってみることをお勧めします。

走るテクニックは、公道もサーキットも一緒
安全の意識だけちょっと違うだけなんです。

サーキットに慣れると公道がちょっと怖くなりゆっくり走ったりもします。
対向車もいるし、速度差が凄いことがこんなに危ないのかと気づく

鈴鹿や茂木や筑波のサーキットの走行会があれば是非体験することをお勧めします。
サーキットで飛ばしていると公道で飛ばすことも減ります。