家庭があって、趣味でバイクを乗っている。

十分贅沢です。

バイク好きは乗り物好き
の方程式に乗れば車もいいものを乗りたい。

と思うのが常

がしかし家庭とバイクの趣味って両立しにくい。
家族でどこかに出かけるわけで無し
なかなかお金もかかるし(税金とか維持費)

わかってお付き合いしてくれている奥さんも
家族が出来たらなかなかシブくなります。

バイクはドカティ
車はポルシェ

何かは夢のまた夢

取りあえずは、

バイクは結婚した時のバイクを維持
車は家族本位の嫁さんが乗れる車

から始めるべき

家族あってのバイクの趣味です。

さらに趣味を広げるなら
ポルシェとか乗りたい。

・家族の車は維持する。
・ポルシェの維持費 年間約50~100万円確保できるか?
・家族の説得
・家計の質を落とさない。
・屋内ガレージを借りる又はある。

とバイクよりハードルは高め
バイクのBMWはBMW1000Rでも200万円台
車のポルシェ カレラシリーズは、新車でおおよそ1000万円台

けたが違うんです。

さらに、車のすみっこに置けていたバイクですが
車はそうも行きません
さらにポルシェを青空駐車ってなかなかいないので屋内駐車は必須

ここまで出来ますか?
て話

さらに、
家族の車+バイク+趣味のポルシェの維持費
を生活費の上乗せして維持できるかが問題

家計にダメージを負わせずに贅沢な車を維持するのって大変です。
国産と違って壊れたときを考えると予算は多めに取らないといけない。

ということは
生活が年間300万円で出来ている家庭は+100万円
が年間にのしかかってくるのです。

時計や宝石と違って維持するのに
税金
保険
などが要るんですよね。

毎年数十万円乗らなくても必要な趣味なんです。

若いときはなおさら、お金が潤沢に回るまでは車とバイクの趣味は片方にして
収入が上がってきたら、家族と相談していい車に乗り換えるのがいい選択

なんでも好き勝手出来ませんから

車は家族のため
バイクは、明日の仕事を頑張る為
と言えば何とかなるでしょう。

収入が増え、家族が納得するまではスポーツカーは諦めないといけない。

逆を言えば

ポルシェを趣味で乗っているひとは
バイクを趣味にするのはハードルが低い

お金のかかり方が少ないからね♪

がしかし

バイクばかり乗っていると

「バイクが好きならポルシェ売って、家族の車買い換えてよ」

と言われかねない。
ポルシェ好きの女性が伴侶で無い限りこの言葉は出てくると思う。


まとめると
何でも欲しいは何にも手に入らない。

バイクが一番好きならば
背伸びをせずに悠々とバイクに乗り
仕事をコツコツとして、いつか好きな車を買ってやろうなんていうモチベーションにするのが一番

「なんでも買おうは、ばか野郎」
です。

家族+バイクを乗せてもらっている。

というだけで贅沢なのです。