バイク乗り+貧乏

昔はよく言われていました。
バイクに夢中の若者が
お給料の貯金分を使ってパーツやタイヤを買う

よくあった話

今でも学生さんがバイクをよく乗るのは変わらないと思います。
バイト代で維持費を出すんですから
お金がふんだんに使える状態ではないはず

で、お金がなくても最低限これはしたほうがいいメンテナンス

・空気圧調整
これって安いエアゲージでもいいし
ガソリン入れるついでに確認してもらってもいい。

空気が減る=燃費や乗り心地が悪くなる。
もありますが
空気が少なければ、パンクのリスクが増えるんです。
パンクで要らない出費するのも嫌でしょう。
月に一回くらいは空気圧の点検

・オイル交換
原付であっても必要なオイル交換
カブは1000キロ推奨(オイルフィルターがないので)
スクーターは、量が少ないので3000キロくらいがオススメ
普通のバイクは、3000~5000キロ

工賃は大体1000円くらいから

オイルは高回転でジャンジャン回していない限り普通のオイルでいい。
メーカー純正で十分 粘度とバイク用って言う事だけ気を付ければいい。

バイクってオイル交換すれば、基本エンジンって壊れないですから
長くいい状態で乗るには必須

工賃が勿体ないという人は、DIYの初歩ですから
工具とオイル処理箱を買えば結構簡単に出来ます。

・チェーン調整
バイク屋さんでオイル交換などしてもらっている人は、ついでに見てもらったほうがいい。
チェーン調整すれば、チェーンの寿命も延びるしスプロケットもきれいにちびる。
乗ってる時にギクシャクしないので乗りやすくなる。
チェーンは消耗品なんで限界値が来たら当然の交換

DIYは、工具とチェーンの調整の知識があれば簡単
youtubeなどで見てやってみると意外と出来るもんです。

大体10000キロくらいは持つ気がする。

・ブレーキパットの点検
ブレーキパットが減ると、止まらないので結構大事
パットがないまま乗ってたら、ディスクまで壊れるので高額出費になります。

車検があれば、2年ごとに点検+ブレーキフルード交換しますが
250cc以下のバイクは自己責任
バイク屋さんでオイル交換時とかに見てもらうのもいいかと思う。
自分で整備するときは自己責任で

大体 新車から10000キロくらいは持つと思いますが
5000キロくらいではチェックしておいた方が安心

確認の仕方ですが、油圧のディスクブレーキの場合
ブレーキフルードが半分から下に下がれば、点検する必要あり

工賃は3000円くらい~
ブレーキの値段はピンキリなのでお金がないときはSBSというパットが安くて純正クオリティーでオススメ

・プラグの交換

なんだかエンジンのかかりが悪いよなー

それ替え時です。
大体10000キロくらいは平気で持つんですけど
電極が減るので10000キロくらいで交換がオススメ
部品代は1000円~×気筒数

CBR1000なら4本
スクーターなら1本
SRも一本
ゼファー1100は8本(驚)

買えると気持ちもいいしエンジンも元気になる。
プラグコードも消耗品ですが、最低限ならひびが入ったら替え時

・タイヤ交換
個人的に思う。
タイヤは高いものでなくてもいいので、きちんと変えたほうがいい。
スリップサインが出てるのに乗るのは危ないから
とはいえ高額な消耗品ですから日頃チェックして予定を立てて交換したい。

街乗りなら、ハイグリップタイヤじゃなくてツーリングタイヤでも支障ないですから
その辺はお金のバランスをみながら交換するのもありです。

僕は少し前までDIYで交換していましたが
スタンドはいるし
タイヤレバーもいるし
コンプレッサーは要るし

なにかと初期費用が掛かります。
タイヤの廃棄代もいるしね。

タイヤ交換だけは、年に数回交換する人以外はDIYはオススメしません。



と、最低限の整備を並べてみましたが
お金がないからこそメンテはしかりしたほうがいいってことです。

メンテする=バイクのコンディションがいい。

と言う事ですからこれまで書いたことをやると
当たり前の寿命まで大きな出費が出ない=お金がかからない。
となるんです。

消耗品をきちんと変えて
空気圧測ってるだけですから

消耗するものを交換する整備さえすれば
バイクって長持ちするしきれいな状態のまま乗ることができるんですよね。

その中で絶対しないといけない最重要の整備は
ブレーキ周りでしょうか

ブレーキが効かない=こける
さらには
人を巻き込むリスクが大きい
ですから
ブレーキは特に大事

車でもいっしょで
エンジン壊れても、突っ込まないけど
ブレーキ壊れたらどっかに突っ込まないと止まりませんから

最低限のメンテはきちんとやって、トラブルの少ないバイクライフを過ごしたいですよね。