スマホ全盛の現在ですが
私はメモ派

恩師に怒られたんですよね。

「社会人は、メモと名刺は持て!」

打合せの時はノート
スマホでメモも出来るじゃん

といいますが、メモはフリーに使える
絵も文字も書きなぐれるんです。

さらに、話を聞きながらメモをする若者を見て
否定する人は居ない。

というアピールも多大にあるようです。

話聞きながら、スマホくりくりしてアプリでメモや音声録音
イマイチのアピールです。

メモのいいところは、自分も相手も何を書いているか共有できること

更にいいことは

・思いついたら即文字に出来る事
いいこと思いついてもすぐ忘れる。
ヒラメキは夢から覚めたときのように一瞬で忘れるんです。
思いついたら即行動=メモ

落ち着いた場所でメモを見返し
要らなければ

「思いついたこと」
15557218753841793622393

ってすればいい。

・メモは邪魔にならない。
A7のメモ帳は100円程度
鉛筆入れてもスマホより小さくて軽い。
曲がりはするけど壊れないので
ズボンの後ろポケットにも入るし
胸ポケットなら曲がりもしない。
DSC_1126

・消去は消さなくていい
メモの内容が必要なくなる(行動して完了する)
とスマホやパソコンは消去しないといけない。
メモ帳は、破って廃棄する。
もしくは横棒引いて終わり

すこぶる簡単。

結構アプリも優秀になり、世間も判ってくれつつありますが
メモに慣れた世代の私はメモとスマホ両方使う。

電気も要らない。
充電も気にしない。
フックになる言葉だけ入れることができる。
結構便利なメモ帳
ツーリングでも、メモって結構役に立ちます。
ブログ記事にしたいこと
写真ではなく言葉で伝えたい文言などメモすればいい。

上司はなかなか教えてくれない小さなハウツー

デジタルがいいのは確かですが、使う人間が慣れていない場合は
シンプルな方がいいんです。

スマホでメモ帳のスピードと便利さが叶えられるまでは
メモ併用がオススメ