私は、バイクを新車で買ったことがあるのは1回だけ

あとはすべて中古
今あるDトラッカーもドカティS2Rも中古
それも個人売買が多め

中古車両は新車と違ってやることが多いんです。

中古で買ったときに私が何をしてから乗っているのかを
箇条書きで

・まずはエンジンとフレームの番号確認
年式違いのフレームとエンジンってのが原付などでは多くみられる。
きちんと動いていればいいんですが、整備するときに困るんでチェックします。
私の所有しているモンキーは、フレームが1990年 エンジンが2000年以降だったりします。

・何はともあれオイル交換
整備なしで買うことが多いので、何はなくともオイル交換
個人売買の場合は必須

・ブレーキ周りの確認
ブレーキオイルが汚れていたら交換
キャリパーが汚れていたら掃除
をします。

・プラグチェック
プラグがさびてたら交換
外してきれいなら再使用

・タイヤの溝や年式確認
普通に乗る分には、2・3年は気にならないのですが
まぁ、初めはチェックします。
古くてカチカチだと、減らないんでね。初期の確認です。

・チェーンの確認
チェーンがいきなり切れることはないのですが
消耗品ですから確認は必要。
伸びたら替えないといけないんでね。
貯金するペースも兼ねて確認します。


中古で買ったときは、消耗品リフレッシュ+確認
使えるところは使って、不安なところは交換する。

長く乗るには、最低限かなと思っています。
オイル交換とブレーキ周りは必須です。