中古車や中古のバイクを買うのに注意すること

中古は、新車と違い人が使った後なので
個体差は新車以上
保証も新車ほどないので買い手が見極めないといけない。

私が考えるチェック項目は

・外観を見る。
おおよそ外観はきれいな車両がほとんどですが
見ると色々あるものです。
車では、ボンネットとボディーの隙間など
タイヤの減りや種類
内装のへたりや臭い

バイクだと
年式と外装の違い
タイヤの減り
チェーンの伸び
サスペンションなどのサビ

第一印象とへたりってのは外観でおおよそわかるもの
錆等もありますが、第一印象ってのは結構大事
私も勝率でいうと5割
とんだぼろい車両もありましたし
格安車両で当たりと言われる車両もありました。


・走行距離
車では10万キロだと減るもの
運転席のシートの張り
ブレーキ。アクセルペダルの溝

改ざんされてなければ走行距離とのバランスってのがあるはず。
ブレーキの角が減ってるのに5万キロ
ないことはないのですが、まぁへたってたらちょっと怪しい。

バイクだと、ディスクの摩耗でしょうか
ディスク板替えている人って少ないので見た消耗により判断すればいいかなと

・エンジンをかける。
エンジン掛けて、
冬ならアイドリングが下がるまでの時間
エンジンの異音
ミッションの入り
などチェックすればいいと思います。

ベルトが滑れば、キュッキュと音がする。
アイドリングが下がりにくいなと思えば、
オイル交換の時期もしくはちょっと古い車両

エンジン掛けたときの異音は、いろんなこと教えてくれます。

バイクの場合は、バルブのへたりやカムチェーンの伸びなどで
ちょっと騒がしかったりします。

・事故歴・転倒歴
私は、事故も軽微できちんと治っていればOKなタイプ
お店の方に聞いて、きちんと答えていただければ、チェックして終わり
バンパー周りのフレーム
ドアの状態など
聞けばきちんと答えてくれるなら、修繕箇所見て値段とバランスを見ます。
(修理箇所があれば値段も一般的に相場よりやすい)

バイクの場合は立ちごけや転倒履歴
シートやカウルが傷があったり
エンジン回りの傷
は、立ちごけや転倒歴の証拠

ですが、バイクは自分で自立しない乗り物
立ちごけ自体は、私的にはOK
第一印象さえ悪くなければ、逆に気を使わないのでいいかと思ったりww

それよりも、かなりの速度で転倒してきちんと修理の無されていない物が怖い。
フロントフォーク押して引っかかったり
フレーム周りに違和感があれば私は買わない。

と、この程度はチェックするようにしています。

普通の中古車屋さんやバイク屋さんでは、あまりに悪いものは置いていないはず
今は、ヤフオクやメルカリに事故車からばらしたものを売った方がいいときが多いですから
悪すぎの車両ってのはあまりない印象

ですが、やはりチェックは大事

私の場合
普通の値段で買ったバイクでしたが
チェーンはカチコチ
フロントフォークはオイル漏れ
リアサスもオイル漏れ
タイヤはも怪しい

といった物を買ったこともある。

解体屋さんで、何個一?っていうバイクも買った覚えもあり

コツコツと直していったのでまぁまともになりましたが
始めはひどかった。

相場より安いものやチェックがぬかっていると
結構はずれつかまされる確率ってのはあるんです。

国産車の中古は、もともと壊れにくい車両が多いのでわかりにくいですが
色々有ります。

中古を買うにあたっては
・現車確認出来る時は、チェック項目を決めて確認する。
・相場より安い場合は、何かあるんじゃないかと考える。
・底値を狙わない。
・整備が出来ない人は、お店が信用できるかも込みで考える。

が、はずれを引かないために自分が出来ること
すべてチェックしてつかまされたら自分が悪いと諦めも肝心

新車より安いのには、新車状態から消耗しているからです。
中古ってそんなものです。

中古に新車のクオリティーは求めてはいけない。