買うときは

相場
人気

等も加味しますが
結局のところ

乗りたいか?
乗りたくないか?

ロジック(理論)的な話は後付け
最後は、感性と勇気

バイクを決めるのは感性
ローン用紙のはんこは勇気

です。
私も中古でドカティ買ったときは色々考えました。

今のはやり

周りの目

結局のところそんなことは解決され
流行りより、自分が納得できたか?

周りの目は、乗る直前まで人目に付かない場所においておく

で解決
なんだかんだ考えましたが

貯金通帳の中身
しか相談せず
で購入しました。

買ってからも、査定が下がるんじゃないか?

周りの目を気にしていましたが
2万1000キロを超えてからは

自分が良ければそれでいいじゃないか


もし他に乗りたいバイクが出てきたときに考えたらいい。
となりました。

なんだかんだ言って
好きなものは好き

周りに薦められても、嫌なものは嫌
バイクというものにかなりこだわればそうなります。

なんでもいいは、バイクに関してはないな
バイクに興味はないけど何となく
という人はなんでもいいでしょうけど(笑)

今からバイク買う人は
自分のフィーリングで買うのが一番

査定額は、どうしても売らないといけない時に見たらいいんです。
気にして乗ってたらバイクは楽しくない。