会社にいると
自分がこうしたいああしたい

なんて意見は基本通りにくい

上司が、言っている叱責(怒ったりアドバイスすること)
も自分の腑に落ちなければ適当にあしらえたらいい。

なんで?
怒られたことはきちんと守った方がいいでしょ?

なんて言いますけどね

出世しているほとんどは、気にしてなくって適当にあしらってますww

腑に落ちない叱責は
相手は、言われた側ほど重要に思っていない。
言わないとその場が収まりませんから

言われた方も
理不尽だと思えば、適当に守ってそのうち忘れたらいいんです。
だいじなことは、よく考えると納得できるし勝手に守ります。

こんなことはよくあって、幼少を振り返ると
いじめの始まりとよく似ている。

遊び半分で強いものが弱い者をいじめる。
もしくはいじめられることが怖くていじめる側に回る。

大人になると
いじめっ子は忘れてて
いじめられっこはトラウマでいつも頭によぎる。

そんな感じに似ています。

まぁ、自分もいつやった側になるのかわからないので
時間が経つと逆転するのが大人の世界だったりするんですが・・・

叱責されて腑に落ちなければ
適当に怒られたこと守ってたらいいんです。
集団のルールってやつ

窓際に追いやられても、地力があれば人材不足の時
手のひら返されますから

粛々として、力を付けることが一番。

2・3年したら、方針も変わり態度も変わる。

また違うようなこと言われるし
わけわからんくなります。

振り回されるだけ損です。