新車と中古車の違い

整備の頻度

だと思っています。
出荷状態が一番壊れない

とはいえ
1万キロも走れば消耗品かなり蓄積されます。

きちんとした整備をすれば、そんなにガリガリ整備することもない。
洗車とオイル交換が、メンテナンスの基本になる。

中古で買った場合初めにすることは

新車と違い 

消耗品確認
オイルの交換
ブレーキの確認とフルードのエア抜き

は必須。

個人売買だと特に大事

エンジンオイルは見えないし
どれだけ劣化しているかわからない。

バイクのオイルを距離管理する人は、リセットを兼ねて絶対交換すべき
お店で中古車かうときも、オイル交換などはしてもらいましょう。
工具さえあれば、簡単なので自分で出来る人は自分でやることをお勧めします。
エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L 1604
by カエレバ

次にしたいのは、ブレーキフルードの劣化

ブレーキフルードは、湿気に弱い性質もあるし
エア噛むとブレーキのタッチも悪くなります。
車のブレーキブリーダー液交換 ブレーキブリーダー ブレーキフルード ブリーダー 空気圧ブレーキブリーダー 空気圧式 ガレージ 真空ツール メタル プラスチック アダプター
by カエレバ

出来る事なら替えておきたいものです。
ブレーキフルードが飴色になってれば是非交換したい。
ワコーズ BF-4 ビーエフフォー ブレーキフルードDOT4及びJIS BFー4 1L T131 [HTRC3]
by カエレバ