ドカティS2R800

1000ccが同車種に居るので
中途半端なイメージが先行しがち

しかしメリットも見えてくる。

800ccのメリットを並べてみる。

70馬力という程よい馬力
現行車でいうところの600cc程度

CB750(RC42)と同馬力

非力ではない、ちょうどよさが有ります。
どこがちょうどいいかと言うと

60㎞で5速2000~2500回転

下道で高いギアで走れる。
坂道では、シフトダウン必須(笑)

3000回転以下はトルクがないのですが
何と言っても乗っている感がある。

大型バイクなのに下道でストレスがない。
これってメリットでしょう。

軽い
2気筒ですから
空冷ですから
SOHCですから(部品が少ない)
ドカティですから

180キロを切る車重
取り回しラクラク
モンスターの車格は170センチあれば足がつくので
安心感が違う。
きっと女子でも安心して乗れちゃう。

高速もラクラク
料金所を過ぎれば、6速3000回転80キロ~90キロ
もうね、オートマ(笑)
小さなフェアリングも結構仕事してくれて
100キロぐらいだと楽ちんです。

今のところ燃費がいい
20㎞/ℓを切ったことが無い。
これってお財布に優しい。
ハイオク仕様なのが残念ですが、
160キロ程度走って1300円のガソリン代なら納得

今のところ最高燃費は27キロ/リットル

と走行や使い勝手をかいてきましたが
なによりお安い。

1000ccの陰でひっそりとお求めやすいお値段で出回っております。
貧乏ライダーには、最大のメリットww