タイヤのサイドウォールにヒビ

タイヤの末期ですが、配達のバイクなどは
平気でグリップしているよう

実は、タイヤはもう終わっていて
ただのゴムっぽい塊になってるだけ

輪ゴムでいうと、伸ばせばすぐ切れる状態
走ってれば、グリップじゃなく何となく転がってるだけ

タイヤって、紫外線と熱で劣化します。
何年でダメになる?
っていうのは使い方次第でしょうけど

日当たりの良い屋外で雨ざらしだと劣化が早く
ワックスやビニールで保護し
屋内できちんとおかれていたものは劣化しにくい。


タイヤの劣化を気にせずに乗るには

・コンスタント(1か月に一回以上)乗る。
・適正な空気圧
・3年くらいでタイヤ交換できれば最高

という風に乗るのが正解かと

コンスタントに乗るのは、人間もそうですが、バイクもたまに動かしてやらないといけない。
ガソリンも酸化していくし
タイヤも動かさないとバイクの重さで変形していきます。

・適正な空気圧
車庫や長期に乗らない期間は空気圧高め
乗るときは適正空気圧がオススメ

・3年くらいでタイヤ交換
1年で3000キロ~10000キロ
3年で10000キロ~30000キロ
丁度いい頃合いかも、いつまでたっても減らないタイヤってのも怖い


タイヤの劣化は、ゴム質なものなのである程度の膨張収縮が必要で
紫外線に弱いのは、なんでもそう塗装も劣化しますから

大事なのは、きちんと乗ってあげてきちんと溝が無くなりそうになったら交換する。
いつまでたっても溝があるから・・・
というのもなんだかね。

保存するときは、いろいろありますが、タイヤとオイルは新しい方がいいのは間違いないです。
乗りたいときは乗り
スリップマークが出たら交換

乗る距離は少ないけど、艶もやわらかさもなくなった。
いつタイヤ交換したのかはよく覚えていない。
そんな時ははやめに交換

数年ぶりにバイクを引張りだしてツーリング
動くの確認したら、オイルとタイヤは早い時期で交換

そんなかんじ