情報弱者が損をする世の中

ちょっとしたお買い物もチラシをチェックする方が安く買えます。
色んなサイトを見て買い物したほうが安いことが多いです。

補助金や税法も知っておけば得をする場合が有ります。

キャンペーンの時期も大まか覚えていたら得をします。

と、情報が家計を助ける場合が多いです。
株式の取引(カブトレーダー)などは、情報を得て世の中の流れを読むことによって
より確実に近い方程式を作り上げていくことがセオリーですし

とはいえ、46時中情報を集めたほうがいいかと言えばまた違って
仕事中は、目の前のことに集中して
情報を集める時間は、決めた時間にするのがいい。

私も、
スマホを持って直ぐの時はトピックスをずっと見てました。

芸能
経済
スポーツ
などなど

別に今見なくていい情報を山のように詰め込んでました。
雑学 ゴシップは新しい方がいいのですが
鮮度は最低5時間ぐらいあると考えたら
通勤の時間
昼休みの30分

が最低限情報収集の時間でもいい。

ちょっとした移動
トイレ
自分と関係の無い打合せ

そんな時に情報集めるのはちょっと損
集めるときには、集中してカデコリーを絞ってブワーッと集め

サッサと吐き出して
要らない情報はスッと忘れる。

そうしないと、肝心事を見失いそうです。

情報はあるに越したことはないけど、ランダムに24時間情報を入れる必要はない
と最近思っています。

釣りは、旬があるので早い方がいいですけど
仕事中はさすがに良くない
昼休みの情報交換が最適です。

バイク関係は、毎週末レースが開催されてるので
リザルトや動画は週末でいいのが便利
普通の社会人は休みですから、仕事に支障がない(笑)