遊ぶお金

宵越しのお金は持たない

なんてのは若いうち
我々は中年は
色々考えた上で遊ばないといけない。

・遊興費(ゆうきょうひ)
遊ぶお金(当然ながら領収書なし 領収書が認められたらそれは経費)
釣り
ゴルフ
家族との団らん
仕事終わりにちょっと外食

が遊行費
必要な生活費以外のお買い物ととらえるのがシンプルです。

私も割合は20%程度
月給20万円なら4万円
100万円なら20万円

がおそらくは最大だと思う。
私は喫煙もするし飲酒もしますが必要と思ってるので入れてない(笑)
このくらいの割合だとちょっと貯金ができて生活も荒まない割合だと思ってます。

貯金の5割は
遊びに関わらず
大きな買い物は貯金の半分がいい
という個人的方程式

貯金100万円
毎月の貯金額 5万円ならば

50万円が最大の買い物
という決まり

借金がなければ、10か月で貯金が100万円に戻るという
何とも素晴らしいシステム

頭金50万円
ローン額 3万円
という買い方もあり

出来る事なら、
大きな買い物をしても半年は暮らせる額が貯金額なら
最高です。

貯金が1億とかあれば
最大5000万円使える
というより
欲しいものがある程度自由に買える額です。

私の貯金額は少ないものですが
まぁ、大型2輪の免許もとれたし
Dトラッカー
から
ドカティに乗り換えることも出来たので

私の中では、まぁあり得る方程式なのかなと

遊びの費用も2割だとチョイガマン
で十分遊べます。

これくらいがサラリーマンにはちょうどいいバランスじゃないかと

ローンが有ったり
大きなイベントがあれば当然ながら比率は変わります。

無理に使わなくていいのが遊びのお金と時間

これって一番大事なことです。

バランスよく働き そして遊ぶ

中年とはこうありたいと思い実践中。