2018年は台風が良く来る。

バイクが倒れないためにやっておきたいこと

・屋内ガレージに入れる
バイクが絶対的に倒れないようにするには
「風がないこと」
屋内ガレージに入れると一番安心

・メインスタンドではなくサイドスタンド
経験則ですが、
サイドスタンドのほうが安定がいい
地震の時も、メインスタンドの車両よりサイドスタンドの車両の方が
圧倒的に倒れていない。
不思議ですが、揺れにはサイドスタンドが優秀

・バイクカバーを外す。
風を受けるのが一番のNG
バイクカバーは下からの風で膨らみますので
防犯の事も有りますが、台風直撃の場合はカバーは外したほうがいい。

・風の受けにくい建物の陰に入れる。
自転車置き場では壁側
自宅では、壁に沿わしてバイクを置いておく。
出来れば動かないように輪留めと重石を入れておくのが最善

屋内ガレージがない人は、これが最大の予防策かも
風の一番弱い所に置くのが第一

これまでは風対策
雨対策は、浸水の恐れがある場合は少し高台に避難
これは人間も一緒ですが・・・

台風は準備ができる災害なので
風で飛ぶような物
倒れそうなもの

は事前に対策が出来ます。
大切なバイクが倒れるとがっくりしてしまいますので
出来るだけの対策はしたほうがいい。

理想は、屋内
屋内におけない場合は極力風を受けない場所
に避難

風速10mを超えだすとバイクでの移動も厳しくなるので早めの対策が吉

バイクガレージがない時代は、会社のガレージにそっと置いてました。
理解のある会社でよかった。