以前から所有していたエイプ100を売却した。

2008年から所有していたエイプ100
2010年位からは私が乗らずに誰か速い人たちが乗ってました。

もういいかと

フロントフォークをNS-1に替えディスク化
マフラーはフレックス製
ステップはGクラフト
ハンドルはデイトナ スーパーローを小加工
XR100のフロントカウル取付
べリアルのアンダーカウル取付
エンジンはノーマルですが、OHをネクトさんに依頼
ハーネスはレース用(キルスイッチも取付)

と鈴鹿ST仕様のバイクでした。

以前からもう乗らないし買い手がいれば売るよと言って依頼していて
買い手が出てきたので売却

レース用としては、入門バイクとしてはかなりいいバイクでしたが
もういいかと

売った理由は
・レースに出場する予定がない。
・GROMがエイプの後を引き継ぐような形でレーサーとして出てきた。
・転倒の際、NSF100やNSR50よりコストが掛かり気味

今まで売らなかった理由
・ミニバイクレースに誘われた時すぐ乗れる手軽さ
・ポジションがレーサーとしては楽なため誰でもパッと乗れる。
・程よい馬力感がんばればかなり優秀ないいバイク
・ジムカーナに持って行ってもうるさ過ぎないのでナンバーなしでも走れた。
・ある程度レーサーとして完成されていたのでナンバー付に戻すのが大変

という理由

高知の田舎からレースに行くという事は
近くて、徳島カートランドや広島県イキナサーキット
近畿圏のミニバイクレース
と結構遠い

ゆったり行くと2泊3日
弾丸で行くと0泊2日

仕事が中間管理職になると、なかなか融通が付きにくくなったこともありました。

街乗りに戻すということも考えましたが
・ウインカーステー切断の復旧
・ハーネスの引き直し
・保安部品取付
・タンデムステップ切断
・スピードメーターギアの購入

10年もレーサーでいると色んなものが無くなっていたので断念

レース好きの人たちは、速さのためなら割と切断系はバンバンするので
元に戻すのは大変なんですよね。
ハーネスなんて細切れにしていたし(笑)
ハーネスや足らない部品買って通勤用にするなら、意外と買ったほうが良かったり

最後に、売却した一番理由は
レーサーのまま、今からレースに出てくれる人に売った方が
今のエイプが一番いい判断だったと思ったから

自分が変に街乗りに戻して乗るより
今からレースする人に売った方が、お互い幸せそうだから
ステップが5万
ハンドルが2万
マフラーが4万
その他もろもろで5万
車体で15万

中古でも30万くらいはかかるので
売却額はそれの半分以下

そのままで乗ってくれる方がいたほうがお互い幸せだったのです。

売れて少々さびしい面もありますが
今所有しているバイクが3台

乗る機会もないのである意味正解だったなと思うところではあります。


バイクに長く乗ってると
置いときたいけど売却
新たなバイクを買うときに下取り

少し寂しい瞬間がありますが、乗らなくてほこりかぶるよりはましかな。

売るのを考えている人
売らずに置いてく人
様々ですが、
私のエイプ100はきちんと乗れる場所に行ける人に売れたのでよかったかな
とおもう。